キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

インコがヒーターでやけどするのを防ぐ!設置場所や対処法を紹介

寒さに弱いインコのためにヒーターを使用している家庭も多いですね。
しかし、このヒーターによって低温やけどをしてしまうインコも多いのです。

そこで、インコのヒーターによるやけどを防止するための対策について、設置場所や対処法などお伝えしていきましょう。

これで、インコを寒さからもやけどからも守って、安心して育てることができるでしょう。ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

成長に合わせたお世話がポイント。インコの雛の育て方

ペットショップでインコの雛を見かけたら、そのかわいらしさから飼ってみたいと思う人も多いはず。小鳥を飼...

インコを水浴びさせる時のおもちゃの必要性と注意点について

インコを初めて水浴びさせようと考えた時、おもちゃはあった方がいいのかどうか迷ってしまうのではないでし...

インコのおもちゃを手作りしてみよう。おすすめの材料と注意点

インコのストレス発散のためにもおもちゃは必要ですが、わざわざ高いおもちゃを買わずに手作りするという方...

インコの卵が孵化するまでの日数と飼い主が気をつけたいこと

インコをつがいで飼っていると、卵を産んだときにはヒナがかえる可能性が高くなります。一生懸命に卵を温め...

インコの雛は水浴びさせても良いのかどうかについて知りたい

インコを雛から飼っている時に、餌や温度管理などについて気になると思いますが、それ以外でも気になるのが...

インコが水っぽい糞をした場合の原因と気をつけた方がよいとき

インコの糞はコロンとした固形で水分はほとんど感じられません。ところが時には水っぽい糞をしたり、ほ...

インコの雛への餌やりの方法と注意点。上手な餌やりのポイント

ペットとして人気のインコは、初めて鳥を飼育するという方にも育てやすい鳥です。雛の頃から飼育すると、な...

ペットに人気の鳥の種類と購入時のかかる値段について紹介します

ペットとして鳥を飼いたいと思ったとき、世話のしやすさや人懐っこさも気になるところでしょう。鳥といって...

インコの水浴びに噴水型?その正体とインコの水浴びについて

インコについて調べていると、可愛い噴水型の用具があると話に聞きます。またそんな画像を見かけることも。...

インコに多い卵詰まりとは。疑われる症状と予防の方法について

インコに卵ができたと思ったのになかなか産まない。こんな時は卵詰まりではないかと心配になりますよね。イ...

インコがしゃべる確率が高い性別や見分け方、教え方やポイント

しゃべるインコを育てたい方も多いと思いますが、その場合はインコの性別がポイントになります。性別を...

コザクラインコの発情期が多い場合は抑制することも必要です

コザクラインコはラブバードと言われるくらい愛情豊かな鳥です。飼い主にもよくなつき、癒やしを与えてくれ...

インコの鳴き声から気持ちを探ろう。ピッと鳴くのは警戒心から

インコはいろいろな鳴き声をあげます。ピーと大きな声で鳴いているのは呼び鳴きといって飼い主や仲間を呼ん...

インコの爪切りのやり方を紹介。しっかり保定することが大切です

インコの爪が伸びていることに気がついたら、爪を切ってあげる必要があります。爪が伸びていると、洋服など...

インコを飼う前に考えておきたい。飼育に必要な物と費用について

インコを飼ってみたいと思っていても、飼育にかかる費用が気がかりでもありますよね。インコは小さいの...

スポンサーリンク

インコのヒーターによる低温やけどに注意

寒い時期になると、インコのケージの中に、ヒーターを入れて、インコが寒い時期に凍え死ぬなんてこと無いようにします。インコはヒーターとか、ケージをタオルで覆うなど、寒い時期に何か寒さに耐えれる道具がないと、冬越しをすることはできません。

ただ、そのヒーターでインコはやけどをしてしまうこともあるので、使用する時は、そのことに注意して、置き場所を考えて下さい。
また、ヒーターの上にインコが乗ると、やけどはしやすくなります。インコが乗れないように、止まり木ですとか、上に何か置いて下さい。インコがヒーターの上に乗らなければいいんです。乗らなければ、やけどをすることもありませんから。

ヒーターは特にケージの内側に設置しなくてはいけないというものでもありません。外側でも別にインコは寒さから守られます。ケージの横に設置する、天井にするなど、インコがヒーターによりやけどはしない位置に設置して下さい。

インコのやけど防止のためにはヒーターを工夫して設置すること

インコが寒い冬を越す時、その寒さから耐えられるため、ヒーターのような、ちょっとした暖房をケージ内に置いて、温かくします。それは人間と一緒で、寒い時期は、その寒さに耐えれるよう、私達も冬用のコートを着たり、ホッカイロを使うのと一緒。何かないと、インコも冬の寒い時期の寒さを乗り切ることはできません。

やけどを防ぐにはインコのケージの外にヒーターを置いてもいい

そんな体を温めるものがないと、インコの体も温まりませんから。でも、ケージの中に設置すると、インコがヒーターの上を立った時、その部分に、やけどをおうことになります。ヒーターを置くのなら、ケージの外に置いて、インコの体を温めつつ、やけどをさせないように注意して下さい。

ケージの外に設置するにしろ、場所は時々変えてあげた方が、よりやけどをする確率は低くなる

同じ場所に温かい温度のものをあてると、その部分はどうしてもやけどしやすくなります。インコが同じ場所にいなければいいとも思うのですが、あなたの思い通りにインコも行動はしてくれません。ケージの外に設置するにしろ、場所は時々変えて下さい。

インコがヒーターでやけどしてしまったときの対処法

ヒーターの場所を色々工夫しても、インコはやけどをする時はします。様々な配慮をしていたつもりでも、やけどをする時はする。あなたが飼っているインコがやけどをしてしまいました。軽いやけどなら、タオルを水に濡らして、それをインコがやけどをした部分に当てて下さい。

インコのやけども人間がやけどをした時と同じような対処法になります。

ただ、水を浴びさせるというのは、正しい対処法ではないようです。というのも、水を浴びさせると、インコの体温が必要以上に下がってしまうからです。それほど重いやけどでもないのなら、タオルで水を含ませて、それでやけどの部分を冷やして、対応して下さい。やけどが酷いのなら、迷わずに病院行きです。

就寝時はインコのヒーターの電源を切るのもおすすめ

ヒーターを使っても、インコがやけどをしないですむ方法。

ケージの内側に置いたらやけどをしやすいので、ケージの外に置く。でも、ケージの外に置いたとしても、インコはやけどをする時はします。 対処法を知っているにしろ、できるだけ、飼っているインコにそんな痛い思いはさせたくないですよね。 気温がそれほど低くない時期であれば、寝ている時間はヒーターをOFFにして、ヒーターを使用する時間を短縮するという手はあります。ただ、これは、あまり寒さが気にならない時期にできる手段になります。

しかも、寒い時期に急にヒーターを切ると、インコの体温も急に下ることになり、インコが病気にかかってしまいます。人も同じにはなりますが、特に冬の時期、寒い時期は、ヒーターのON/OFFを頻繁にして、気温を上げたり下げたりしない方がいいです。

他にできる対処法は、やはりヒーターをケージの内側には置かないことだと思います。内側に置くと、どうしてもヒーターの近くにインコは来やすくなり、やけどもしやすくなります。設置する場所を買える、プラス、OFFにできる時はOFFにして、なるべくインコがやけどをしないようにして下さい。

どうしてもヒーターに乗ってしまうインコへのやけど防止策

ケージの中にヒーターがあったら、どうしてもその上にインコは乗ってしまうのは仕方がないと思います。インコは、それをやけどの危険性のあるヒーターだとは認識はせずに、その上に乗ってしまいますから。 インコに慣れている方は、インコがヒーターの上に乗りやすいことを既にわかっています。

「やけど防止」の工夫は、ヒーターの上におもちゃを置いて、直接インコがヒーターの上に乗らないようにすることです。

要するに、ヒーターの上に何かあれば、それでやけど防止にはなります。あなたもおもちゃですとか、他に何か代わりになるものを上に置いて、インコのやけど防止にして、インコをやけどから守って下さい。ただ、この方法だと、インコがヒーターの上にフンをすることもあるので、掃除は他の方法に比べて、面倒にはなります。

そのことも考えると、ヒーターはケージの外に置いた方がより安全で、かつ掃除も楽だと思います。特にケージの内側に入れなくてはいけない理由がないのなら、外側に置いて、対処して下さい。

寒い時期に、インコを守るためにヒーターを利用します。ケージの内側にヒーターを置くと、インコはやけどをしやすくなります。内側に置くのなら、インコが立ちやすい位置におもちゃを置く、場所に特にこだわりがないのなら、外側に置いて、インコをやけどから守って下さい。内側に置くと、どうしてもインコはヒーターに接近して、やけどはしやすくなります。外側に置いた方が無難だと思います。