キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

水浴びをしないインコに水浴びの楽しさを知ってもらう方法

インコの水浴びは私たちにとってのお風呂のような役割があります。体の汚れを落としつつ、ストレス発散など良い気分転換にもなります。インコは水浴びが大好きだと思っていたのに、なかには全く水浴びをしないインコもいます。そんなインコにも水浴びの楽しさを知ってもらいたいと思いますよね。水浴びしないインコに水に興味を持ってもらう方法と、快適な水浴びのポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコの飼い方【ヒナを迎える】必要な準備や注意点を紹介

インコの飼い方がわからないけど、可愛いヒナを見ると飼ってみたいと思いませんか?ヒナから育てると飼...

インコの卵が孵化するまでの日数と飼い主が気をつけたいこと

インコをつがいで飼っていると、卵を産んだときにはヒナがかえる可能性が高くなります。一生懸命に卵を温め...

インコは一羽でも卵を産む!産卵したあとで気をつけたいこと

大切な家族でもあるインコ。一羽しか飼っていないのに、ある日インコが卵を産むということもあります。イン...

【インコの種類】しゃべるのが得意で育てやすいインコの種類

インコにはたくさんの種類があります。これからインコを育ててみたいという方の中には、おしゃべりを覚えさ...

インコの鳴き声対策として飼い主ができることとしつけの方法

ペットして人気のインコは、犬や猫と違い、アパートやマンションでも飼いやすいペットです。しかし、もしか...

インコに多い精巣腫瘍。症状の特徴と、病気と向き合う過ごし方

精巣腫瘍はインコに多い病気のひとつです。気づいた時にはかなり進行していることもあり、治療はとても困難...

インコが糞を食べるのは何故?原因と対策を紹介します

インコは糞を食べることがあります。餌箱の中には餌が十分入っているので空腹とは思えません。ですが、糞を...

インコが水っぽい糞をした場合の原因と気をつけた方がよいとき

インコの糞はコロンとした固形で水分はほとんど感じられません。ところが時には水っぽい糞をしたり、ほ...

コザクラインコの発情期が多い場合は抑制することも必要です

コザクラインコはラブバードと言われるくらい愛情豊かな鳥です。飼い主にもよくなつき、癒やしを与えてくれ...

インコのヒーターのつけっぱなし!安全性など気になる点について

冬の寒い時期、外出時にインコが寒くないか気になってしまいます。中にはインコ用の ヒーターのつけっぱな...

インコのくしゃみと鼻水が多い場合に気をつけたいこと

インコもくしゃみをすることがあります。小さくクシュンとする仕草はかわいいですが、同時に飛んでくる鼻水...

インコが風邪をひいたときの主な症状と、風邪を予防する方法

インコも風邪をひくことがあります。インコが風邪をひいた場合の主な症状は私たち人間と同じく、くしゃみや...

インコの雛は水浴びさせても良いのかどうかについて知りたい

インコを雛から飼っている時に、餌や温度管理などについて気になると思いますが、それ以外でも気になるのが...

しゃべるのが得意なインコの種類と値段について紹介します

インコを飼うのなら言葉を教えてしゃべるインコにしたいですよね。言葉を覚えてもらうためには飼い主の根気...

インコの寿命は意外と長い。インコの平均寿命と飼い方について

インコはそれほど長くは生きられないと思ってはいませんか?体が小さな動物は寿命も短いと思いがちですが、...

スポンサーリンク

インコは水浴びが大好き。水浴びの役割について

インコはとても器用に体全体を水で濡らして、上手に水浴びをします。なかには水に浸かっているだけという水浴びがあまり上手ではないインコもいますが、それでも喜んで水の中に飛び込んで行きますよね。

インコにとって水浴びはとても重要な役割があります。
  • 体の汚れを落とすお風呂の役割
  • ストレス発散できる気分転換の役割
  • 暑いときに体温を下げて涼しくする役割

インコはこまめに羽の手入れをしています

羽をブルッと震わせたとき、白い小さな粉が飛び散りますよね。これは脂粉と言われるもので、羽の手入れのときに使う分泌液が乾いて粉になったものです。インコの羽には脂粉や筆毛を包んでいた殻、ホコリやゴミ、ちぎれた羽など様々な汚れが付着しています。水浴びすることで羽や地肌についている汚れを落とし、清潔な状態に保つことができます。

水浴びはインコにとって遊びのひとつでもあります

私たちがプールを楽しんだり温泉でリラックスするように、インコも水浴びをすることでストレスを発散してよい気分転換をすることができます。
暑い日なら水浴びをすることで体温を下げて涼しく感じることもできるのです。

水浴びが嫌い?水浴びをしないインコもいます

水浴びはインコの生活において必要なはずなのに、なかには水浴びを全くしようとしないインコもいます。ずっとお風呂に入っていない不衛生な状態に思えて心配になってしまいますよね。

乾燥した地域で暮らしている野生のインコには水浴びをする習慣がありません

代わりに砂浴びをしたり、葉についた水滴を浴びたりしています。水浴びをしなくても心配はありません。水浴びが好きではないインコもいますので、無理強いすることで逆にストレスを与えてしまうことになってしまいます。

警戒心が強いため水浴びができないことも考えられます

我が家のセキセイインコも水浴びを始める前にまず周りを警戒している様子が見られます。安全であることを確かめてから水の中に入るといった状態です。
危険を感じている状態では水浴びをしているどころではありません。インコが落ち着ける環境作りをしてください。

水を怖がっていることも考えらます

水の量を少なめにして、水に慣れさせることからはじめてみましょう。なかなか水に入らなくてもすぐに片付けるようなことはしないで、時間をかけて様子をみてください。ケージから出ている時であれば喉が乾いたときに水に近寄り、水に興味を示すこともあります。

インコの水浴びの仕方にも個性があります

インコの水浴びの仕方もそれぞれ個性があります。水浴びしたいだろうと思って用意した容器には全く興味を示さず、水浴びに使わないという場合もあります。水浴びの仕方が違うので、水浴びをしないということも考えられます。

青菜についた水滴で水浴びをするインコもいます

野生にも葉についた水滴を使って水浴びをするインコが多いので不思議なことではありません。我が家にも青菜の水滴で水浴びをしようとして、菜差しの青菜をぐちゃぐちゃにしてしまうセキセイインコがいます。

このようなタイプには青菜風呂がおすすめです。水浴びの容器の中に豆苗などのインコが好きな青菜を入れてあげるのです。水浴び容器には近づこうとしなかったのに、青菜を入れただけで水浴びをしてくれますよ。

水道水に打たれるのが好きなインコもいます

上から落ちてくる水を使って水浴びをするのです。滝行のようにも思える水浴び方法ですが、キッチンの水の音に反応してやってきたら、そっとシンクの中に降ろしてみましょう。手に乗ったまま水に打たれたいと思うタイプもいますので、状況をみながらインコの好きなやり方を探してみてください。

水浴びをしないインコに水浴びをさせる方法

水浴びをしないインコにも水浴びの楽しさを知ってもらいたいですよね。水浴びが嫌いなら仕方ありませんが、水浴びの楽しさに気づいていないだけかもしれません。

  1. 水が怖いことも考えられますので、浅めの容器に水を少しだけ入れて置いておきます。これだけでは見慣れない容器を警戒して近づかないかもしれません。容器にばかり注目して水が見えていないことも考えられます。
  2. 次に水があることを教えてみます。水を指で弾いてチャプチャプ、ピチャピチャと音をたててみてください。近くに寄ってこなくても、水だということには気づくはずです。
  3. 興味を示して近づいてきたら、インコに水滴を少しかけてみます。水を感じて羽をぶるっと震わせるでしょう。何度か繰り返すうちに水に近づいてくることがあります。

水の中に青菜を入れてインコの注意を引く方法もあります

青菜につられてやって来て、そのうち水の中に入って水浴びを始める可能性もあります。

霧吹きで水をかける方法も試してみてください。霧吹きでしか水浴びしないというインコもいます。霧吹きの水がかかっても逃げないようなら、何度か繰り返してみましょう。

インコの好きな水浴びの仕方を知ることも大切です。必ずしも水浴び容器を使って水浴びをするとは限りません。諦めずにいろいろな方法を試してみてくださいね。

インコの水浴びをもっと快適に

インコの水浴びには暑い日に体温を下げる役割もあります。気温が高い日や、強い日差しを感じられる日は水浴びの準備をしてください。今日なら水浴びも気持ちが良いだろうなと思える日はインコも水浴びをしたいと感じることが多いです。

天気が悪い日や肌寒さを感じる日は水浴びを控えてください

水浴びは週に1~2回の頻度で定期的にと考えてしまいがちですが、気温や天気などの状態に合わせることが大切です。

暑い時期なら毎日のように水浴びをしたくなりますし、曇りや雨が続いて気温が低い日が続いているときは水浴びもしばらくおあずけです。
特に高齢のインコは体力が落ちていますので、水浴びで体を冷やして体調を崩す心配があります。ヒナも体を冷やす危険があるので水浴びをさせてはいけませんが、生後2ヶ月以降で羽が生え揃った頃から水浴びすることができます。

水浴びの水温は常温です。少し温かい方が気持ち良いだろうと思うかもしれませんが、水温が高いとインコの羽に必要な脂分まで落としてしまいます。水温が低ければインコの体を冷やしてしまいますので、必ず常温にしてください。

インコの水浴び専用の容器も販売されていますが、水を入れた容器をケージの底に置いて使うタイプだとすぐに水が汚れてしまいます。容器の底に鏡がついているなどの工夫はされているのですが、用意したところでインコがすぐに水浴びをしてくれるわけでもないため、使いにくいと感じることもあります。

ケージの出入り口にセットできる水浴び容器なら、セットしたままにしていても水が汚れる心配がなく、インコも気が向いた時に水浴びをすることができるので便利でおすすめです。

インコの水浴びにも最適なペット用の給水器もあります。噴水のように水が上から落ちてくる仕組みになっているので、滝行タイプの水浴びが好きなインコにおすすめです。インコの水浴びを更に楽しく快適にすることができます。

水浴びをした後は自然乾燥が基本ですが、室内を少し暖かめにして、体を冷やすことがないよう気をつけてくださいね。