キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

かわいい小型インコを飼いたい!ペットにおすすめの種類を紹介

インコにはいろいろな種類がありますが、小型インコはかわいらしくて飼いやすそうなイメージがありますよね。大型インコと違って飼育のためのスペースもそれほど必要ではないので、狭い室内でも問題ありません。鳴き声が小さめなことも安心できます。小さくて色鮮やかな見た目も魅力ですが、ちょこんと指に乗ってくれる姿には癒やされることでしょう。ペットとして飼いやすいおすすめの小型インコを紹介します。見た目も性格もそれぞれなので、好みのタイプを見つけて、大切な家族として迎えてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コザクラインコの発情期が多い場合は抑制することも必要です

コザクラインコはラブバードと言われるくらい愛情豊かな鳥です。飼い主にもよくなつき、癒やしを与えてくれ...

疥癬症はインコに多い病気のひとつ。原因と症状、治療について

インコによくある病気のひとつに疥癬症があります。症状は比較的わかりやすく、インコが頻繁にかゆがってい...

インコの鳴き声が「キュー」と聞こえるなら、まずは体調確認

インコは「ピー!ピー!」という愛らしい呼び鳴きから、「ギャギャギャ!」などのような激しい鳴き声まで、...

【インコの種類】しゃべるのが得意で育てやすいインコの種類

インコにはたくさんの種類があります。これからインコを育ててみたいという方の中には、おしゃべりを覚えさ...

インコはどれくらい生きられる?インコの平均寿命をご紹介します

鳥好きな人なら飼ってみたいと思うかわいいインコ。ペットショップを覗いたり鳥カフェを訪れたり、インコを...

インコが糞を食べるのは何故?原因と対策を紹介します

インコは糞を食べることがあります。餌箱の中には餌が十分入っているので空腹とは思えません。ですが、糞を...

インコがしゃべる理由とは、どういったものなのか

インコは飼っているうちに、飼い主や、その家族が話す言葉をしゃべることがあります。その理由について...

インコの水浴びのグッズの選び方と正しい水浴びのための注意点

水遊びが大好きという鳥の種類もありますが、インコの場合には、個体差があり、水遊びが大好きな子もいれば...

インコに多い精巣腫瘍。症状の特徴と、病気と向き合う過ごし方

精巣腫瘍はインコに多い病気のひとつです。気づいた時にはかなり進行していることもあり、治療はとても困難...

インコの雛の鳴き声からわかる気持ち!インコの感情を知る方法

インコの雛を飼い始めると、いろいろな種類の鳴き声に「今は、どんな気持ちなんだろう?」と疑問を持つ飼い...

インコに多い精巣腫瘍とは?疑われる症状や行動、原因について

インコに多い病気のひとつに精巣腫瘍があります。人間の場合なら腫瘍の摘出手術を行うことも多いですが、体...

コザクラインコの性別が知りたい!オスメスの見分け方について

コザクラインコはオスメスで外見上にあまり違いがないため、性別の見分け方が難しいと言われています。...

インコを水浴びさせる時のおもちゃの必要性と注意点について

インコを初めて水浴びさせようと考えた時、おもちゃはあった方がいいのかどうか迷ってしまうのではないでし...

インコの病気には保温が大切!すぐやるべき応急処置と注意点

飼っているインコに病気の予兆が見られたときは、すぐに保温をすることが大切です。では、どんな風に保...

インコの雛が水を飲まない!雛の水分補給の必要性について

インコを雛のうちから育てる場合、大きく育てるまで気が気ではありません。餌は足りているか、水分は補給し...

スポンサーリンク

種類が豊富なインコ。小型インコの代表格「セキセイインコ」

小型のインコと聞いてすぐに思いうかべるのがセキセイインコではないでしょうか。ペットのインコのなかでもメジャーなセキセイインコは、飼育が難しくなくフレンドリーな性格のため、すぐに家族の一員として大きな存在になります。

セキセイインコのサイズは体長が20センチ、体重は35グラムほど

尾羽がとても長いため、丸い見た目が多い小型インコに比べてセキセイインコはスリムに見えるでしょう。
とても活発なので、素早く飛んで至るところに器用に着地し、カーテンなどはくちばしを使ってスイスイと登っていきます。

羽のカラーがとても豊富でもあります

白や黄色の単色のセキセイインコもいますが、大抵のセキセイインコはいろいろな色が入っていることが多いです。色の組み合わせは5000種ほどあると言われています。

セキセイインコの人気の理由のひとつにおしゃべりがあります

言葉を話すのが得意なので、人が話す言葉に興味を持つセキセイインコならどんどん覚えてしゃべるようになります。長い文章も覚えて話すこともできますし、飼い主の笑い声やくしゃみ、着信音やアラームなど日常生活で聞こえてくるちょっとした音を真似することも多いです。

物怖じしない性格で好奇心旺盛なところがあるので、人間の生活にもすぐに溶け込み、家の中のいろいろな物がセキセイインコのおもちゃになってしまいます。セキセイインコが家の中にいるだけで毎日がとてもにぎやかになります。

ラブバードのなかでも小型の種類「カルカヤインコ」

コザクラインコやボタンインコと並んでラブバードと言われるのがカルカヤインコです。

コザクラインコとボタンインコは中型のインコになりますが、カルカヤインコは体長が15センチ前後、体重が30グラム程度の小型のインコです。

色のバリエーションが豊富なインコですが、カルカヤインコには色変わりがいません。

グリーンとグレーの羽を持ち、オスとメスでは羽の色が違うのも特徴のひとつ

インコの中には性別を見分けるのが難しい場合が多いため、見た目だけですぐに性別がわかるのは嬉しいですよね。胸から上がグレーになっているのがオスで、メスの場合は全体的にグリーン系一色です。

カルカヤインコはおとなしい性格で鳴き声も控えめです

神経質なところがあるので、少し難しいと感じるかもしれません。カルカヤインコが怖がったり不安を感じることがないよう、落ち着いた飼育環境をつくってください。

ラブバードと言われるカルカヤインコは愛情深い性格でもあります。できるだけペアで迎えるようにしましょう。

小型インコも種類が様々。ピンク色の羽が珍しい「アキクサインコ」

ピンク色が好きな人におすすめなのがアキクサインコです。

インコには珍しいピンク色の羽を持つ小型のインコです

野生のアキクサインコはグレーやブルー系の色が目立つ地味な印象がありますが、品種改良された鮮やかなピンク色のアキクサインコはペットとして大変人気があります。

体長は20センチほどですが、体重は50グラムほどあります。

手に乗せたときに少しずっしりと感じるかもしれません。寿命が30年なので、長く一緒に過ごすことができます。

性格は穏やかで人にも慣れてくれますが、あまりべったりとなつくというほどではないようです。

雛から迎えて育てることで、なついて手乗りにすることができます。

とてもきれいな声を持ち、大きさも控えめなので、鳴き声が気になるということもないでしょう。言葉をおぼえてはくれることもありますが、得意な方ではありません。なんとか聞き取れるといった具合でしょう。

おとなしい性格なので、一緒にゆったりとした時間を過ごすことができます。明るくきれいなピンク色の見た目ときれいな鳴き声で癒やしてくれることでしょう。

小型インコのなかで最も小さな「マメルリハ」

マメルリハは小型インコの中でも特に小さく、尾羽が短くて丸みのある見た目がとてもかわいらしいですよね。体長は12センチほど、体重も30グラムととても小さいです。

マメルリハはカラーが豊富

ノーマルはグリーンで、他にイエローやブルー、ホワイトといった色変わりがあります。更に模様や色の入り方によりパイドやファローといった種類があります。グリーンやブルーのマメルリハなら比較的よく見かけますが、珍しいカラーは貴重です。

人によくなついて甘えん坊なところもある一方で、気が強くやんちゃな一面もあります。

怒ったときは容赦なく噛みついてきますし、相性が悪いマメルリハ同士ならケンカばかりということもあります。2羽以上飼う場合は相性を確かめて、場合によってはケージを分けたり放鳥時間を交互にするなどの対処も必要です。

飼い主になれているマメルリハならケージから出すとべったり甘えてくるようになります。言葉を教えると覚えておしゃべりすることもあります。

おとなしい性格が魅力の小型インコ「サザナミインコ」

小鳥がいる穏やかな生活に憧れているのなら、おとなしい性格のサザナミインコがおすすめです。落ち着いたやさしい性格で、強く噛んでくることもありません。鳴き声も控えめなので、サザナミインコとなら静かにのんびり生活することができるでしょう。

サザナミインコの体長は13センチほどですが、体重は50グラムあります。尾羽が短く、小さくて丸みのある体型をして、少し前かがみの姿勢をとります。

カラーバリエーションが豊富

ノーマルはグリーンですが、少しくすんだ色のモーブ、ホワイトやイエロー、ブルー系は更に様々な色味があります。細かいさざ波のような模様が特徴です。

鳴き声はあまり大きくなく、鳴くことも少ないと言えます。ですが、不安を感じたり飼い主を呼ぶ時には大きな鳴き声を出すこともあります。言葉を教えると話すこともありますが、こもったような声のため聞き取りにくい場合が多いです。

臆病なところがあり警戒心が強いサザナミインコですが、愛情いっぱいで接することで飼い主によくなついてくれるようになります。
インコを飼うときは性格に合わせて接することも大切です。サザナミインコの場合は落ち着いた環境を与え、驚かせないようにして温かく接してくださいね。