キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

インコを飼う前に考えておきたい。飼育に必要な物と費用について

インコを飼ってみたいと思っていても、飼育にかかる費用が気がかりでもありますよね。インコは小さいので食べる餌の量も知れています。毎月かかる飼育費用ならそれほど高くはありません。ですが、インコを迎える時はケージをはじめ飼育に欠かせない物を揃えなくてはなりませんし、病院にかかった場合の費用も考えておかなくてはなりません。インコを迎える前に飼育に適した状態であるかについてもしっかり考えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコがしゃべる理由とは、どういったものなのか

インコは飼っているうちに、飼い主や、その家族が話す言葉をしゃべることがあります。その理由について...

インコのくしゃみと鼻水が多い場合に気をつけたいこと

インコもくしゃみをすることがあります。小さくクシュンとする仕草はかわいいですが、同時に飛んでくる鼻水...

インコの卵詰まりの費用とは?手術や入院代について紹介します

インコが卵詰まりになってしまったときにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。手術や入院が必...

インコのエサをペレットに切り替えるときのコツやポイント

インコのペレット切り替えを何度も試しているけれど、なかなか上手くいかないときにはどうしたらいいのでし...

インコを水浴びさせる時のおもちゃの必要性と注意点について

インコを初めて水浴びさせようと考えた時、おもちゃはあった方がいいのかどうか迷ってしまうのではないでし...

大型インコの寿命は50年。ペットとして迎えるのなら覚悟が必要

鳥を飼いたいと思ったときに思い浮かぶのがセキセイインコやオカメインコです。かわいくて飼育もしやすいで...

鳥の中でも寿命が長いオウム、寿命や飼い方、注意点を解説

ペットとして鳥を飼う方も多いですが、中には寿命が長い鳥もいるため、飼う前に知っておく必要があります。...

しゃべるのが得意なインコの種類と値段について紹介します

インコを飼うのなら言葉を教えてしゃべるインコにしたいですよね。言葉を覚えてもらうためには飼い主の根気...

インコがジジジジという鳴き声を出したときの気持ちと対処法

インコはジジジジと激しい鳴き声を出すことがあります。とても大きな声で耳障りでもあるため、決して良い感...

コザクラインコの性別が知りたい!オスメスの見分け方について

コザクラインコはオスメスで外見上にあまり違いがないため、性別の見分け方が難しいと言われています。...

インコの爪切りに使えるハサミと、爪を切る時のポイントについて

インコの爪も切らないでいるとどんどん伸びていきます。インコの爪切りには専用の道具があるわけではありま...

インコの爪切りのやり方を紹介。しっかり保定することが大切です

インコの爪が伸びていることに気がついたら、爪を切ってあげる必要があります。爪が伸びていると、洋服など...

インコがしゃべるのはいつから?小さい頃から名前で呼びましょう

インコがしゃべるようになるのはいつからなのでしょうか?手乗りの他にも、おしゃべりをしてくれたら嬉しい...

インコの雛が水を飲まない!雛の水分補給の必要性について

インコを雛のうちから育てる場合、大きく育てるまで気が気ではありません。餌は足りているか、水分は補給し...

インコに多い精巣腫瘍とは?疑われる症状や行動、原因について

インコに多い病気のひとつに精巣腫瘍があります。人間の場合なら腫瘍の摘出手術を行うことも多いですが、体...

スポンサーリンク

インコの飼育の必須アイテム。ケージ選びはとても大切

インコを飼うのなら必ず用意しなくてはならないケージ。シンプルなものから工夫を凝らした手乗り用のもの、インテリアとのバランスを考えたおしゃれなデザインなど、豊富に販売されています。見ているだけでもワクワクしますが、ケージを我が家とするインコのことを一番に考えた上で、手軽に掃除できて世話がしやすいものを選ぶことが大切です。

おすすめなのは少し大きめでシンプルなデザインのもの

私もこれまでいくつかのケージを試してきましたが、シンプルでパーツを買い替えできる定番商品に落ち着きました。複雑な形をしているケージは面白いと思いますが、ケージの中のレイアウトが難しかったり掃除がしにくいなどの問題があり、その上すぐに飽きてしまいます。

ケージを選ぶときはインコの大きさも考えなくてはなりません。

狭いケージはインコにとってストレスになり、あまりに大きいサイズのケージだと掃除が大変になったり、保温が必要なのになかなかケージの中が暖かくならないなどそれなりに問題があります。

セキセイインコやマメルリハインコなどの小型のインコのケージは一辺が35センチ以上は必要です。最低でも幅と奥行きが35センチ、高さが40センチのケージを選んでください。セキセイインコは尾羽が長いため、奥行きがあるタイプがオススメです。

セキセイインコはほぼ上の止まり木で過ごしますが、向きを変えようとする度に尾羽が背面の金網に引っかかってしまいます。止まり木を手前に取り付けて背面との距離と広めにすると下段の止まり木とのバランスが悪くなります。

マメルリハインコやサザナミインコなら良いのですが、セキセイインコの場合は幅よりも奥行きの方が長いケージをおすすめします。

コザクラインコやオキナインコといった中型インコのケージは一辺が45センチ以上のサイズを選んでください。ラブバードと言われるコザクラインコやボタンインコなら相性の良いインコ同士二羽で飼いたいと考えるでしょう。

ひとつのケージで二羽以上飼うのなら、ケージのサイズも少し大きめにすることをおすすめします

コザクラインコくらいの大きさなら小型インコ用の35センチ角でも問題はありません。ですが、ケージの中には副食のための餌入れやブランコ、退屈しないためにおもちゃを取り付けることもあります。ケージの中がどんどん狭くくなっていくため、一羽につき45センチを目安に考えると良いでしょう。

ヨウムやコンゴウインコのような大型インコの場合はケージもかなり大きいものを用意しなくてはなりません

大型のインコは動きがゆったりとして、ケージの中で激しく飛びまわることはありませんが、ケージのサイズはインコの1.5倍のサイズが目安となります。体調が30センチ以上になるヨウムの場合なら一辺が45センチ以上は必要です。高さは60センチ以上のサイズを選んでください。

ケージには止まり木と餌入れがセットされているかどうか確認してください

なかにはケージだけで止まり木などは別に買い足さなければならないこともあります。
また、付属のものでは不満に感じることもあるでしょう。止まり木には天然木を使って自然に近づけたい、餌が飛び散らないように蓋付きの餌入れにしたいと思うこともあるでしょう。

ケージに必要なパーツも様々なタイプが販売されています。ケージの中を充実させるブランコやおもちゃなども豊富にありますので選ぶのも楽しくなりますよ。

インコの飼育において他に用意しておきたいもの

ケージの他にも揃えておきたいものがあります。ケージに付属されている止まり木や餌入れも場合によっては別に用意しなくてはならないこともあります。
ケージの付属品である止まり木は、そのケージを使うインコを想定して丁度よい太さの止まり木がセットされています。

止まり木のサイズも様々あり、インコのサイズに合わせて用意しなくてはなりません

インコが止まり木をつかんだ時に爪との間が1/3くらい余る太さが丁度よいサイズになります。付属の止まり木の太さがインコに合っていない場合は止まり木だけを別に用意しなくてはなりません。

ケージに付属されている餌や水の容器は深底タイプがほとんどです。インコの餌は一日に食べる分だけを入れて、毎日新しい餌に入れ替えます。容器の底に少しだけ餌がある状態ではインコが食べにくくなります。

付属の容器を上げ底にするか、または付属の容器を使わないで浅型のものを別に用意してあげましょう。
主食の餌を入れる容器の他に、副食を入れるための容器や青菜を与える時に使う菜差しも用意しておきます。

インコの飼育において大切なのが温度管理です

インコを迎えるのと同時に保温器具も用意してください。小動物用のペットヒーターを購入しておくと安心です。ケージのサイズに合わせた防寒カバーもあると大変便利です。家を留守がちにする人ならサーモスタットも用意してください。温度差が出たら自動でスイッチがオンオフになり、ケージの中を程よい温度に保ち続けることができます。

小さなサイズの温湿度計も用意して、ケージの中に取り付けることをおすすめします。

インコを飼うときには最低でもこれだけの物を用意してください。他にもあったら便利な飼育道具がありますが、実際にインコを飼ってから必要に応じて揃えていくと良いでしょう。

病院へ連れて行くためのキャリーケースは早めに用意しておいた方が安心です

急にインコが体調を崩して病院へ連れて行くことになった時も慌てなくて済みます。ケージのまま連れて行くと保温することが難しく、また、サイズ的にも移動が大変でもあります。小さなキャリーケースならカイロなどを使って保温した状態のまま移動することができます。キャリーケースを入れるための丁度よいバッグがない場合はそれも一緒に用意しておくと良いでしょう。

インコを飼育するときは病院の費用も考えておきましょう

インコの元気がなく、病気が疑われるときはすぐに病院へ連れて行くことが大切です。インコは病気や体調が良くないことを隠そうとするところがあるため、見るからに良くない状態の場合は様子を見ていることが危険でもあります。

インコを飼う時に必ず鳥を診察している病院も探しておいてください

動物病院はたくさんありますが、犬や猫が中心で小さなペットは受け付けていないところも多いです。インコを購入する販売店に相談するなどして、鳥に詳しい獣医さんを見つけておいてください。

インコの体調が悪くなり病院で診てもらうと、診察代と検査代が発生し、状態によって注射や投薬が必要になります。診察の内容にもよりますが、通院が必要になると1ヶ月の病院代もそれなりにかかります。

定期的に健康診断を受けてください

飼い主が気がつかない症状も獣医さんなら気づくことがありますし、検査によってわかることも多いです。
健康診断では羽や骨格、筋肉の状態などを見て、便とそのう液の検査をします。健康診断の料金は病院や検査内容にもよりますが、5,000円位だと考えてください、場合によってはレントゲンや血液検査をすることもあり、その場合はもう少し費用がかかります。

インコがいる生活。日々かかる費用について

インコにかかる月々の費用はそれほど高いものではありません。毎日新鮮な青菜を与える必要がありますので、野菜が高騰した時はそれなりに影響を受けますが、インコが食べる量は知れています。私たちの食材から少しだけインコに分ける程度で十分です。

インコの餌には混合シードとペレットがあります

混合シードはペットショップやスーパーのペットコーナーで簡単に購入することができます。価格も1袋1,0000円以内と安めではありますが、混合シードの他にカルシウムやビタミンなどを用意する必要があります。ペレットはインコに必要な栄養がすべて含まれていますが、価格は混合シードよりも高くなります。メーカーによって価格も違いますが、味も違うようです。

ペレットをあまり好まないインコが多いので、食べないようならメーカーを変えてみるのも一つの方法です。ペレットの場合は3,000円程度と考えておくと良いでしょう。

寒い時期やインコの体調が優れない時はペットヒーターを使って保温する必要がありますが、ペットヒーターにかかる電気代はわずかなものです。

インコの飼育で費用がかかると感じるのは医療費です。体調を崩して病院にかかった方がかなりの出費になりますので、温度管理をはじめバランスの良い食事や規則正しい生活など、インコにとって適切な飼育を心がけてください。

インコが暮らす環境も大切です

インコは日中起きていて夜は寝る昼行性の生き物です。規則正しい生活はもちろんですが、夜はインコだけ早めに寝かせるようにしてください。インコのケージを暗くしても、飼い主がいつまでも大きな音をたてていたらインコは落ち着いて眠ることができません。

インコが起きている時間を長くしてしまうと体調を崩すだけでなく発情のしすぎにも繋がります

インコはとても人懐っこいフレンドリーな性格です。

寂しがり屋でもあるため、毎日一緒に過ごす時間を作る必要があります。ケージから出して思う存分遊ばせてあげてください。ケージから出て飛ぶことはインコにとって大切な運動です。インコは飼い主と一緒に遊ぶことも大好きです。

日光浴や水浴びも必要です。暖かい日は1日30分程度、太陽の光を直接浴びて日光浴をし、水浴びができる環境も作ってください。

インコを飼うということは、インコのためにお金、時間、手間をかけるということです。インコの世話は餌や水を与えたりケージの掃除をするだけでなく、インコの気持ちをを考えながら一緒に過ごし、体調管理も飼い主の役目です。インコがこの家に来て良かったと思えるような、そんな飼い主になってくださいね。