キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

インコがしゃべる確率が高い性別や見分け方、教え方やポイント

しゃべるインコを育てたい方も多いと思いますが、その場合はインコの性別がポイントになります。
性別を確認した上でインコを育てれば、「あれ?どうしておしゃべりしないの?」とがっかりすることもありません。

では、しゃべる確率が高いのは、性別でいうとオスとメスどちらの方なのでしょうか。
性別の見分け方とは?

インコがなぜしゃべるのか、しゃべるインコに育てる方法やポイントも併せてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコが風邪をひいたときの主な症状と、風邪を予防する方法

インコも風邪をひくことがあります。インコが風邪をひいた場合の主な症状は私たち人間と同じく、くしゃみや...

インコの寿命は意外と長い。インコの平均寿命と飼い方について

インコはそれほど長くは生きられないと思ってはいませんか?体が小さな動物は寿命も短いと思いがちですが、...

インコの雛が水を飲まない!雛の水分補給の必要性について

インコを雛のうちから育てる場合、大きく育てるまで気が気ではありません。餌は足りているか、水分は補給し...

インコの鳴き声から気持ちを探ろう。ピッと鳴くのは警戒心から

インコはいろいろな鳴き声をあげます。ピーと大きな声で鳴いているのは呼び鳴きといって飼い主や仲間を呼ん...

インコの卵が孵化するまでの日数と飼い主が気をつけたいこと

インコをつがいで飼っていると、卵を産んだときにはヒナがかえる可能性が高くなります。一生懸命に卵を温め...

インコが糞を食べるのは何故?原因と対策を紹介します

インコは糞を食べることがあります。餌箱の中には餌が十分入っているので空腹とは思えません。ですが、糞を...

インコが頭を上下にぶんぶん動かしているときの気持ち

インコが遊んでいる最中に頭を上下に振っていることがあります。時には頭を振りながら歩き回ることもあ...

インコの爪切りのやり方を紹介。しっかり保定することが大切です

インコの爪が伸びていることに気がついたら、爪を切ってあげる必要があります。爪が伸びていると、洋服など...

インコが爪切りで暴れるときの対処法!安全に爪切りをする方法

インコの爪切りをしようと思っても、インコが暴れる事に頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょ...

インコが水っぽい糞をした場合の原因と気をつけた方がよいとき

インコの糞はコロンとした固形で水分はほとんど感じられません。ところが時には水っぽい糞をしたり、ほ...

インコは一羽でも卵を産む!産卵したあとで気をつけたいこと

大切な家族でもあるインコ。一羽しか飼っていないのに、ある日インコが卵を産むということもあります。イン...

コザクラインコの雛の挿し餌方法は購入店スタッフに確認をしよう

コザクラインコの雛には挿し餌をしますが、挿し餌について詳しく知ることが大切であり、雛が体調を崩さない...

インコを水浴びさせる時のおもちゃの必要性と注意点について

インコを初めて水浴びさせようと考えた時、おもちゃはあった方がいいのかどうか迷ってしまうのではないでし...

インコのくちばしは日々伸びる。長過ぎる場合の原因と対処法

インコのくちばしも放っておくとどんどん伸びていき、伸びるペースも意外と早いものです。インコの爪は...

マメルリハインコの寿命と長生きしてもらう飼育のポイント

きれいな羽色と丸っこい体が特徴のマメルリハインコ。インコの中では小さなサイズですが、意外と寿命が長い...

スポンサーリンク

しゃべる確率が高いインコの性別

知っていましたか?インコは確かにおしゃべりをしますが、そのおしゃべり、インコでも性別によって異なるんです。

インコはオスの方がよくおしゃべりをしてくれる

メスとオスと両方比べると、メスに比べて、オスの方がおしゃべりをよくしてくれます。というのも、交尾をする時に、オスはメスに愛情行為を見せなければなりません。その見せ方が、私達の耳にはまるで歌のように聞こえるんです。

メスに愛情表現を表すのに、オスは歌のようなものを歌う。だからこそ、オスの方が、声に関しては、メスよりも発達していると言えるんです。

歌を歌えるんだったら、少しくらい、人間の言葉も話せそうですよね。だから、インコはメスよりオスの方がよくおしゃべりをします。ただ、メスは全くおしゃべりをしないかといったら、そうでもありません。おしゃべりができるメスはおしゃべりはできます。それぞれのインコに与えられた才能によっても、異なると思います。

しゃべるインコが欲しい!性別の見分け方

どうせインコを飼って、毎日コミュニケーションを楽しみたいのなら、人間の相手をしてくれる、よくおしゃべりをしてくれるインコを飼いたいですよね。メスよりオスの方がよくおしゃべりをしてくれるので、おしゃべりをして欲しいインコを飼うのなら、オスを選びましょう。でも、正直いって、オスとメスの見分け方は難しいです。

インコの性別は人でいう鼻の部分を確かめる

あなたはインコのオスの雛を育てたい、ペットと飼いたいと思っていますか?だとすると、オスとメスをどうやって見分けるのか、その見分け方を知らないと、選べませんよね?

オスは青色で、メスはオレンジ色をしています。よく見ると、オスとメスの判別は簡単といえば簡単かもしれません。ただ、難しいのは、この色で判断できるのは、ある程度成長してからです。その前の段階、雛の段階で性別の判断をするのは、あまり容易ではありません。
セキセイインコの性別を幼い頃に判断するのは、難しい話です。

ろう膜の色と足の色以外での見分け方もご紹介

インコを雛の段階で性別を判断するのは、そんなに簡単ではありません。外見で判断できるといえば判断できるのですが、その判断もあなた自身、間違えてしまうかもしれません。

インコはオスの方が雛の段階からよくおしゃべりをする

外見以外で何で判断できるか、何が判断基準になるか。それは、あなたも「是非私と話でコミュニケーションをとって欲しい」と思っている、おしゃべりをする度合いです。おしゃべりを幼い時期からする雛は、それは恐らくオスだと思います。あまりおしゃべりをしないのなら、メスだと思います。

オスは交尾の行動を取る

メスとオスとの違いは、オスはメスに対して、交尾の行動を取ることです。その交尾の行動をとっているのなら、そのインコはオス、とっていないのなら、メスになります。

よく噛むのはオス

雛なのに、よく噛んでいる。これも、そのインコがオスであるサインのようです。

性別も関係するしゃべるインコ、インコがしゃべる理由とは

オスの方がメスに比べて、よくおしゃべりをしてくれ、コミュニケーションもよく取れるるので、おしゃべりをするのなら、オスがお薦めです。話しかけると、片言でも答えてくれるのが、インコでもオスのインコ。オスのインコは、自分のことを世話してくれる人とコミュニケーションを取りたいと思っている、そのために、飼い主とおしゃべりをするコミュニケーションができるようになります。

インコはあなたとコミュニケーションを取りたい?

インコの口は人間と比べて、それほど口の機能が整っているわけではありません。それにも関わらず、どうして人間が話す言葉が話せるか。それは恐らく飼い主であるあなたとコミュケーションをもっと取りたいと思っているからだと思います。
人間と同じ言葉を話すのですから、インコの口も人間と似たような機能をしているのかと思ってしまいますよね?でも、そうでもない。機能で人間と同じレベルに達していないに関わらず、インコが人間と同じ言葉を話せる。きっと、それは、インコはコミュケーションが好きで、いつも自分のことをかわいがってくれている人ともっと時間を費やしたい、コミュニケーションを深めたいからなそうです。

しゃべるインコに育てる方法とポイント

飼っているインコに是非、おしゃべりをして欲しい。コツがあるのなら、それも教えて欲しい。あまり初めの段階から、大きな期待をインコにしない方がいいです。

片言から覚えさせる

赤ちゃんも初めは「ママ」という簡単な言葉から話します。それと同じ。相手はあくまでもペットですから、そのペットが長い文章を言うことができるなんて、そんな過大な期待はしないで下さい。
簡単な言葉、「こんにちは」ですとか、あなたが好きな食べ物「リンゴ」ですとか、子供でも発音できそうな言葉を発音してもらいましょう。

練習の時間は短く

何時間も発音の練習をさせられても、インコは疲れます。発音の練習をするのなら、短めにして、同じ言葉を繰り返して下さい。インコの名前を何回か繰り返して、覚えてもらうなんていうのも、初めの練習には適切なものになると思います。

オスの方がメスに比べて、よくおしゃべりをするので、飼うなら、オスをお薦めします。それは、メスを交尾の時に、歌で魅了しなくてはいけなかったり、また、いつも自分のことをお世話してくれる飼い主ともっとよりよいコミュニケーションをとりたいとインコが願っているからです。上記でも書きましたが、インコと人間の口の構造はそれほど似てはいません。インコに人間の言葉を発音しようとする、インコなりの発音しようとする「やる気」のようなものが見られるのかもしれませんね。