キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

インコにペレットをあげるときの量やあげ方について

インコにペレットをあげたいときにはどのくらいの量を与えたらいいのでしょうか?

シードからペレットに変えるときには、まずは食べてもらうようにしなくてはいけません。インコの好みに近づけ、ペレットを与えてみてください。

始めは、まったく食べないという場合も徐々に慣らしていけば食べてくれるようになるので諦めずにインコの体調をみながら行いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコはどれくらい生きられる?インコの平均寿命をご紹介します

鳥好きな人なら飼ってみたいと思うかわいいインコ。ペットショップを覗いたり鳥カフェを訪れたり、インコを...

インコの卵詰まりの見分け方とは?症状や対処方法を紹介します

インコが卵詰まりになったかどうかの見分け方とは?このような症状があるときには卵詰まりかもしれません。...

インコの水浴びに噴水型?その正体とインコの水浴びについて

インコについて調べていると、可愛い噴水型の用具があると話に聞きます。またそんな画像を見かけることも。...

インコの卵詰まりの費用とは?手術や入院代について紹介します

インコが卵詰まりになってしまったときにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。手術や入院が必...

【鳥の飼い方】ペットとして懐くための飼い方のポイント

ペットとして、初めて鳥を飼育するという時には、せっかくならば懐いてほしいと思うと思います。ペットとの...

インコの爪切りで血が止まらないときの止血方法と爪切りの注意点

インコの爪が伸びていたら自分で切るという飼い主さんも多いかと思います。インコの小さな爪ですから注意深...

インコが動かないでじっとしているときは病気の可能性があります

インコはよく鳴くにぎやかな鳥です。好奇心旺盛なので遊ぶことも大好き。そんな活発な鳥が動かないでじっと...

インコの雛への餌やりの方法と注意点。上手な餌やりのポイント

ペットとして人気のインコは、初めて鳥を飼育するという方にも育てやすい鳥です。雛の頃から飼育すると、な...

インコがジジジジという鳴き声を出したときの気持ちと対処法

インコはジジジジと激しい鳴き声を出すことがあります。とても大きな声で耳障りでもあるため、決して良い感...

ペットを飼うならインコがおすすめ!インコの魅力をお伝えします

私たちに癒やしや喜びを与えてくれるかわいいペット。お世話は大変ですが、ペットの存在はそれ以上の価...

インコがしゃべる理由とは、どういったものなのか

インコは飼っているうちに、飼い主や、その家族が話す言葉をしゃべることがあります。その理由について...

インコは飼育しやすく値段も安い!インコの値段と飼育費用

一般的なペットである犬や猫に比べると、インコの値段は高くはありません。最初にケージなどを飼育に必要な...

ボタンインコの噛み癖をなんとかしたい!しつけの方法について

ボタンインコを飼っている人に多い悩みが噛み癖ではないでしょうか。噛まれたらかなりの痛みがあるので、し...

鳥の中でも寿命が長いオウム、寿命や飼い方、注意点を解説

ペットとして鳥を飼う方も多いですが、中には寿命が長い鳥もいるため、飼う前に知っておく必要があります。...

インコのおもちゃを手作りしてみよう。おすすめの材料と注意点

インコのストレス発散のためにもおもちゃは必要ですが、わざわざ高いおもちゃを買わずに手作りするという方...

スポンサーリンク

どのくらいがちょうどいい?インコにペレットをあげる量

インコの餌はエサ箱の中に適当に入れて、減っていたら足す程度にしている人もいるでしょう。

ですが、これでは食べ放題の状態。これでも健康的な体を維持できるコもいますが、どんどん太っていってしまうコもいます。

ペレットの場合は特に注意が必要

ペレットはインコに必要な栄養素をバランスよく含んでいるため、適切な量を与えることが基本です。シードのようにエサ箱に大量のペレットを入れて食べ放題にしてしまうと栄養過多になってしまいます。

ペレットを与える量は、ペレットの袋に記載がある場合はそれを参考にしたり、ペレットの販売メーカーのサイトなどを確認して目安にすると良いでしょう。あくまでも目安です。インコの食べる量は個体によって差がありますので、一言で何グラムと決めることはできません。

基本的に餌の量は体重の1割を目安にすると良い

35gのインコなら一日3.5gの餌を与えるようにします。心配なときは獣医さんに相談すると、インコの体格をみながら適切な給餌量を教えてくれます。

インコにペレットをあげ始めるときには量を少なめに

これまでシードを与えていたインコに、これからペレットに変えたいときは、急にシードからペレットにするのではなく、徐々に変えていくようにしてください。

インコによっては好奇心から見慣れないペレットをつまむこともありますが、ペレットを食べ物と思わずに口に入れようともしない場合もあります。

我が家のインコにはシードを与えていますが、ペレットを与えてみたらすぐに口にしたインコと、全く見向きもしないインコがいました。

ペレットはインコに必要な栄養をバランスよく含んでいる

できればペレットを食べてくれると良いのですが、インコにとってはシードの方が美味しいようです。

シードからペレットに変えるときは根気が必要です。

シードからペレットに変える場合

まずペレットを数粒与えてみてください。ケージから出して遊ばせているときに、インコがよくいる場所に数粒ばらまいておきます。インコは足元のものをつまむ習性があるので、遊びながら食べてくれる可能性がありますよ。

ペレットが食べ物とわかってもらえたら、食事として与えるようにしてみてください。

シードとペレットの割合を少しずつ変えるようにしてチェンジしていきます。

最初のうちはシードの割合を多くし、徐々にペレットの方を多くなるようにしてください。

インコにペレットを食べてもらう方法

インコにとってペレットよりもシードの方が美味しいようなので、これまでシードを与えてきた場合はペレットに切り替えるのが難しくなります。

ペレットを食べ物と認識してもらうことが大切

ペレットを細かく砕いてシードの上にふりかけて、ペレットの味に慣れてもらうことから始めてみてください。

ペレットにもいろいろな種類があります

粒が大きいものよりは小さいものの方が食べやすくなります。我が家のインコは油っぽいペレットが苦手な様子だったので、ペレットの種類を変えてみたら食べてくれるようになりました。

一日の食事の中で、ペレットだけの時間を作るという方法もあります

朝はシード、日中はペレットのみ、夜にまたシードに戻します。

お腹が空いてもペレットしかなければ、諦めて食べてくれるインコもいます。インコの中には頑固な性格もいて、絶対にペレットを口にしないというコもいます。こうなるとインコの生命に関わってきますので、食べていないようなら夜には食べ慣れたシードを与えるようにしてください。

シードとペレットのミックスにして、シードを少なくするのも手です

シードを食べきってしまってペレットしか残っていなければ、諦めてペレットを食べてくれる場合もあります。

全く何も口にしていないわけではないので、安心して見守ることができますよ。

インコにペレットを少しの量でもあげたいときは

ペレットをまったく食べないインコなら、ほんの少しでも食べさせてみたいですよね。一度食べたら、その後も食べるようになるかもしれません。

ペレットに興味を持ってもらう工夫が必要

遊びの中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

いつもよく遊んでいるおもちゃと一緒に置いてみたり、大好きなおやつに混ぜ込んでみます。

手に一粒持って直接与えてみるのも良いですよ。好奇心が強いインコですから、ちょっとつまんで食べてみるかもしれません。

足元にばらまくというのもおすすめです。

我が家のインコもペレットには全く興味がありませんでした。ペレットを細かくして大好きなおやつに混ぜてみても、見事にペレットだけ残してしまいます。ですが、ケージから出して遊ばせているときに、いつもよくいる場所にペレットを数粒ばらまいてみると食べ始めたのです。遊んでいる時なら抵抗なく食べることがあるようです。

インコのペレットの保管の仕方

ペレットは空気に触れることで酸化して傷みやすくなります。ペレットを保管するときは密封容器に入れ、日光が当たらない冷暗所に保管するようにしてください。

我が家では密封容器に入れたあとで冷蔵庫の中で保管しています。インコに与えるときは冷蔵庫から出して常温にしてから与えるようにしています。

ペレットの種類によって保管方法が違うことも考えられますおで、ペレットを購入する際に販売店に確認するか、もしくはメーカーに問い合わせると安心です。

ペレットには賞味期限もしくは消費期限があります

開封するとき必ずいつまで食べられるか確認し、期限を過ぎたものは与えないようにしましょう。小さな体のインコなので、ちょっとしたことでも体調を崩しかねません。

購入したペレットをすぐに食べない場合は冷凍保存がおすすめです。小分けしてから冷凍し、与える前に冷蔵庫に移して解凍します。ペレットを残すことなく、長く保存することができて便利です。