キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

マメルリハインコの寿命と長生きしてもらう飼育のポイント

きれいな羽色と丸っこい体が特徴のマメルリハインコ。インコの中では小さなサイズですが、意外と寿命が長いのをご存知ですか?マメルリハインコを迎えたいと思っている人には嬉しいことではありますが、飼育を方法を間違えると寿命を縮めてしまうかもしれません。大人しくて鳴き声も控えめなマメルリハインコとは少しでも長く一緒にいたいですよね。マメルリハインコの寿命を延ばすコツについても考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコの雛への餌やりの方法と注意点。上手な餌やりのポイント

ペットとして人気のインコは、初めて鳥を飼育するという方にも育てやすい鳥です。雛の頃から飼育すると、な...

インコは一羽でも卵を産む!産卵したあとで気をつけたいこと

大切な家族でもあるインコ。一羽しか飼っていないのに、ある日インコが卵を産むということもあります。イン...

インコの鳴き声対策として飼い主ができることとしつけの方法

ペットして人気のインコは、犬や猫と違い、アパートやマンションでも飼いやすいペットです。しかし、もしか...

インコの年齢、人間でいうと何歳?寿命を伸ばすためにできること

飼っているインコが高齢になってくると気になってくるのが寿命です。あと何年一緒にいられるのか心配になる...

インコがヒーターでやけどするのを防ぐ!設置場所や対処法を紹介

寒さに弱いインコのためにヒーターを使用している家庭も多いですね。しかし、このヒーターによって低温...

インコがしゃべるのはいつから?小さい頃から名前で呼びましょう

インコがしゃべるようになるのはいつからなのでしょうか?手乗りの他にも、おしゃべりをしてくれたら嬉しい...

【鳥の飼い方】ペットとして懐くための飼い方のポイント

ペットとして、初めて鳥を飼育するという時には、せっかくならば懐いてほしいと思うと思います。ペットとの...

ペットに人気の鳥の種類と購入時のかかる値段について紹介します

ペットとして鳥を飼いたいと思ったとき、世話のしやすさや人懐っこさも気になるところでしょう。鳥といって...

インコが頭を上下にぶんぶん動かしているときの気持ち

インコが遊んでいる最中に頭を上下に振っていることがあります。時には頭を振りながら歩き回ることもあ...

大型インコの寿命は50年。ペットとして迎えるのなら覚悟が必要

鳥を飼いたいと思ったときに思い浮かぶのがセキセイインコやオカメインコです。かわいくて飼育もしやすいで...

インコの値段と飼育に必要なもの。インコにかかる費用の相場

インコは人になついておしゃべりをしてくれたり、きれいな鳴き声でさえずったりと、インコがいるだけで家の...

インコの水浴びに噴水型?その正体とインコの水浴びについて

インコについて調べていると、可愛い噴水型の用具があると話に聞きます。またそんな画像を見かけることも。...

インコの雛の鳴き声からわかる気持ち!インコの感情を知る方法

インコの雛を飼い始めると、いろいろな種類の鳴き声に「今は、どんな気持ちなんだろう?」と疑問を持つ飼い...

しゃべるのが得意なインコの種類と値段について紹介します

インコを飼うのなら言葉を教えてしゃべるインコにしたいですよね。言葉を覚えてもらうためには飼い主の根気...

インコが卵詰まりかも。こんな症状がみられたらすぐに対処が必要

インコのメスはたとえ1羽飼いであっても発情期になると卵ができます。そしてスムーズに産卵できず、りきん...

スポンサーリンク

マメルリハインコはとても小さいけれど、寿命は意外と長い

マメルリハインコは人と一緒に暮らしているインコの中で一番小さな体をしています。

体長はわずか13センチほど、体重も30g程度。ペットとしてポピュラーなセキセイインコよりも小さな鳥です。
小さいと弱く寿命も短いというイメージがありますが、マメルリハインコの寿命は20年。ボタンインコの寿命は10~15年ほどなので、中型のインコよりも十分長生きをするのです。

マメルリハの寿命は20年ですが、ペットとして飼育されているマメルリハの場合は7~10年くらいしか生きられないことも多い。

もともと体が弱い、生まれつき病気を持っているというケースもありますが、マメルリハに適した飼育をしていないことが原因の場合も多いです。マメルリハを迎えたら、できるだけ長生きをしてもらいたいと思うはずです。そのためにもマメルリハにとって適切な飼育を心がけてくださいね。

寿命が長いマメルリハインコの年齢を人間に置き換えてみると

マメルリハインコの年齢、人間にあてはめると何歳に相当するのかが気になってきますよね。見た目では年をとったようには見えませんが、マメルリハインコも老いからは逃れられません。飼育の仕方も年齢に合わせて変える必要があります。

マメルリハインコの寿命が20年ということから、マメルリハインコの1年は人間の約4年にあたると考えることができます。

マメルリハインコは最初の1年で人間の18才相当に成長します。その後は1年につき4~5才位のペースで年をとると考えると良いでしょう。

5才のマメルリハインコは人間でいう35才くらい、10才になったマメルリハインコは人間の50才位です。まだまだ生きることができますよね。マメルリハインコが20年生きると人間の95才くらいです。人間の100才目指して20年以上は生きてもらいたいですよね。

マメルリハインコの寿命を延ばすためにできること

マメルリハインコに少しでも長く生きてもらうためには、病気に早く気がついて対処することが必要です。

マメルリハインコは人間よりも早いペースで年をとるので、年に1~2回の健康診断を受けてください。マメルリハインコの半年が人間の2年にあたるのですから、体のどこかに不調があると少しの期間で症状が急激に悪化してしまう恐れがあります。若くて元気なうちはよいのですが、高齢になってきたら年に数回の健康診断を受けることをおすすめします。

普段の飼育方法で気をつけたいのがストレスを与えないことです。

マメルリハインコに適切な飼育環境を整えて、毎日元気にのびのびと過ごせるようにしてあげてください。

マメルリハインコは大人しく穏やかな性格ではありますが、マイペースなところがあるため気に入らないことがあると怒って攻撃してくることもあります。噛まれた方はもちろん痛いですが、マメルリハインコにとっても大きなストレスになっているはずです。
余計な刺激を与えず、正しい飼育の仕方をして、たっぷりの愛情を注いでお世話してくださいね。

マメルリハインコの寿命が気になる。年老いたと感じたら

マメルリハインコも高齢になると代謝が低下するため、体力も食欲も落ちてきます。以前ほど活発に動かなくなり、大人しく静かに過ごすようになるでしょう。
食欲が落ちたり消化がうまくいかないようなら、餌を変えてみることも必要です。シニア向けにブレンドされた混合シードを与えるのも良いでしょう。高齢になるとビタミンやミネラルが不足しやすいため、鳥用のサプリメントを使うのもおすすめです。

換羽は体力を使うため体に大きな負担がかかります。そのため高齢になると換羽の度に体調を崩すということも珍しくありません。換羽のときはいつも以上に慎重になり、温度管理や栄養バランスに気をつけ、放鳥時間や睡眠時間も調節するようにしてください。十分な休息が必要です。

マメルリハインコも年齢を重ねるごとに病気にかかるリスクも高くなります。肝機能が衰えてきたり感染症にかかりやすくなるなど、若い頃よりも慎重に様子をみるようにしましょう。症状がまだ軽いうちに治療をすると、体に大きな負担をかける心配もありません。私たち人間の場合と大きな違いはありません。心配があるときはすぐに病院で診てもらうことが大切です。

マメルリハインコの飼育で気をつけたいこと

マメルリハインコは寒さに弱いところがあるので、温度管理はとても重要です。

ケージの中だけでなく、放鳥時の室内の温度もマメルリハインコに合わせてください。マメルリハインコの適温は24~28度。年齢や体調によっても違ってきますので、マメルリハインコの様子を見ながら調節することも大切です。

暖かく天気の良い日は日光浴をさせたり水浴びができるようにしてください。日光を浴びることで丈夫な骨を維持するなどマメルリハインコの健康のために必要なことです。水浴びは私たちのお風呂のような役割で、羽をきれいにするだけでなく良い気分転換にもなります。

マメルリハインコは空気にも敏感です。

洗剤や化学薬品、化粧品、香水の臭いはもちろん、アロマオイルにも注意が必要です。人間には良い効果があるアロマの香りでもマメルリハインコにとっては危険な場合があります。

マメルリハインコはよく食べよく遊び、とても活発な鳥です。人によく懐いているマメルリハインコなら、ケージから出して一緒に過ごす時間を作るようにしてください。言葉を教えると短い単語なら覚えてしゃべるようになりますよ。マメルリハインコが寂しい思いをしたり退屈になってストレスを感じたりしないように、上手にコミュニケーションをとってくださいね。