キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

インコの卵詰まりの費用とは?手術や入院代について紹介します

インコが卵詰まりになってしまったときにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

手術や入院が必要となるときには、このくらいの費用がかかるようです。インコの体調がいつもと違う、なんだか様子がおかしいと思ったときにはできるだけ早く病院へ連れていきましょう。

動物病院によっては診てもらうことはできても、手術ができない、専門ではない場合もあるので確認しておくといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコの爪切りに使えるハサミと、爪を切る時のポイントについて

インコの爪も切らないでいるとどんどん伸びていきます。インコの爪切りには専用の道具があるわけではありま...

インコの鳴き声対策として飼い主ができることとしつけの方法

ペットして人気のインコは、犬や猫と違い、アパートやマンションでも飼いやすいペットです。しかし、もしか...

インコが膨らむのは病気のサイン。病院へ移動中も保温が必要

インコが膨らむのには理由があります。ただ寒いだけなら少し暖かくするだけで元気になりますが、かなり...

インコの雛の鳴き声からわかる気持ち!インコの感情を知る方法

インコの雛を飼い始めると、いろいろな種類の鳴き声に「今は、どんな気持ちなんだろう?」と疑問を持つ飼い...

インコがしゃべる確率が高い性別や見分け方、教え方やポイント

しゃべるインコを育てたい方も多いと思いますが、その場合はインコの性別がポイントになります。性別を...

インコのくちばしは日々伸びる。長過ぎる場合の原因と対処法

インコのくちばしも放っておくとどんどん伸びていき、伸びるペースも意外と早いものです。インコの爪は...

インコの爪切りで血が止まらないときの止血方法と爪切りの注意点

インコの爪が伸びていたら自分で切るという飼い主さんも多いかと思います。インコの小さな爪ですから注意深...

インコの鳴き声の大きさはどのくらい?鳴き声の種類について

インコの鳴き声の大きさはいったいどのくらいなのでしょうか?飼いやすいセキセイインコの鳴き声はだいたい...

インコの鳴き声が「キュー」と聞こえるなら、まずは体調確認

インコは「ピー!ピー!」という愛らしい呼び鳴きから、「ギャギャギャ!」などのような激しい鳴き声まで、...

インコが卵詰まりかも。こんな症状がみられたらすぐに対処が必要

インコのメスはたとえ1羽飼いであっても発情期になると卵ができます。そしてスムーズに産卵できず、りきん...

インコの寿命は3年?本来の寿命と長生きのための飼育方法

インコの寿命は3年という話を耳にすることがあります。飼っていたインコが3歳で亡くなってしまうと、イン...

コザクラインコの体調が悪いときの症状と病気について

大切にしているコザクラインコの様子がいつもと違って元気がないと心配になりますよね。コザクラインコ...

鳥の中でも寿命が長いオウム、寿命や飼い方、注意点を解説

ペットとして鳥を飼う方も多いですが、中には寿命が長い鳥もいるため、飼う前に知っておく必要があります。...

インコは一羽でも卵を産む!産卵したあとで気をつけたいこと

大切な家族でもあるインコ。一羽しか飼っていないのに、ある日インコが卵を産むということもあります。イン...

インコが爪切りで暴れるときの対処法!安全に爪切りをする方法

インコの爪切りをしようと思っても、インコが暴れる事に頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょ...

スポンサーリンク

インコの卵詰まりの手術の費用について

インコが自力で産卵することができず、卵詰まりになってしまったら獣医による処置が必要です。

卵詰まりの状態によっては保温してもう少し様子を見たり、カルシウムを補給したりお腹を圧迫して自力で産卵できるようにする場合もあります。卵の状態に問題がなければ手で卵を絞り出すこともあります。

ですが、卵の殻が柔らかいなど自力産卵や卵を押し出すことができない場合は手術をして取り出すことになります。この場合、インコの体内で卵を砕き、その殻を取り出すことになります。インコの体には負担が大きく、手術自体がかなりのリスクになります。

卵詰まりの手術を行った場合、その費用は2万円を目安にしてください。

これは手術の費用の相場で、この他に必要な処置があったり入院が長くなれば費用も更にかかってきます。病院によっても違いはあり、インコの手術となると犬猫中心の動物病院では行っていないこともあります。手術の費用だけでなく、十分な処置のためにもインコを診られる病院を見つけておき、費用も余裕をもって用意してください。

インコが卵詰まりかもと思ったら早めに病院へ行きましょう

インコが卵詰まりになったら、あっという間に状態が悪くなってしまうことも多いです。卵詰まりはインコの命にもかかります。卵詰まりにならないように気をつけることはもちろんですが、卵詰まりかと思ったらすぐに病院へ連れて行ってください。

インコの体に中に卵ができたら、お尻のあたりがふっくらと膨れてきます。

普段からインコの体型や行動に注意をしておくことも大切です。インコによっては発情したときからお尻が膨れたり、または卵ができても全く目立たない場合もあります。

卵ができたら、通常であれば当日中またはその翌日に産卵をします。卵があることを確認できたら保温をして静かな環境にケージを移し、注意深く観察してください。

卵があるのになかなか産もうとはしないで、次第に食欲がなくなったり羽を膨らませてじっとしている場合は卵詰まりの可能性があります。

卵が詰まっているために便も出てこないこともありますので、便をしているかどうかも確認してください。

卵詰まりをおこしていると思った時や、卵を出そうとしていきんでいる様子が見られるのに卵が出てこないというときはすぐに病院へ連れて行ってください。早いうちなら手術をしないで済む場合も多いです。

インコが卵詰まりで入院するときにかかる費用

インコが卵詰まりになったとき、無事に自力で産卵するまで、もしくは手術をしたことで入院になる場合があります。インコの入院の費用は病院や処置によって違いがありますが、相場は1日2000~5000円位と思ってください。インコは人のように保険がありません。ペット保険をかけているのなら別ですが、小さなインコでも保険がないので費用も高くなってきます。酸素室に入ったり強制給餌や注射など、入院期間中の処置によって費用も更に高くなってしまいます。

入院期間もインコの状態によって違いがあります。問題なければすぐに退院できますが、産卵した後に体調を崩したり他の問題がおきてしばらく入院が必要になる場合もあります。1日2000~5000円を入院日数分、この他に注射や投薬などの費用がかかりますので、余裕を持って準備してください。

インコの卵詰まりは冬に起きやすい普段から気をつけましょう

インコが卵詰まりを起こしてしまう原因には、まだ若鳥であったり、または老鳥で体力がない場合、栄養不足や環境の変化、寒さなどがあります。インコに卵ができたときは無事に産卵できるように保温をしてあげることが大切です。なので寒さや冷えが心配な冬は特に気をつけてください。

インコに卵ができたら、まず保温してください。寒がっている様子が見られなくても、無事に産卵できるようにいつもより暖かくします。寒さにより産卵が難しくなりますので、特に冬は注意が必要です。インコのケージを保温して、静かで落ち着ける環境に整えてください。

カルシウムやビタミンを与えることも大切です。卵の殻はカルシウムからできています。カルシウムが不足すると卵の殻がしっかりと作られず、殻が柔らかいため産卵がスムーズにいきません。そのため卵が詰まってしまいます。

カルシウムやビタミンはいつでも必要な栄養素ですが、発情期を迎えて卵ができる時期には特にしっかりと与えるようにしてください。

インコの卵詰まりは費用がかかる!普段の健康診断も忘れずに

インコの健康のためにも、元気で問題がなくても動物病院で定期的に健康診断を受けるようにしてください。

我が家のセキセイインコも年に2回の健康診断を受けています。健康診断では体重を測り、前回と大きく変化をしていないか確かめます。インコの体の状態を触診し、脂肪が多いときはダイエットを勧められることもあります。
羽を広げて異常がないか確認し、脚の握る力や爪、目、ろう膜など至るところを確認してくれます。胸に聴診器を当てることもあります。
続いて口から細長い器具を差し込んでそのう液を取り、そのう液の中の菌の状態などを確認します。便の検査もします。ここでちょっとした問題がみられたら早めに対処することができます。我が家のセキセイイインコも見た目には問題がなく元気いっぱいでしたが、まぶたに赤みがある、触診をした感じでは発情している、その液の菌が通常よりも多いなど、全く気が付かなかったことを指摘されたことがありました。発情やまぶたの赤みは日常生活で注意をしながら様子をみることになり、そのう液に関しては薬を処方されました。早いうちだったので、すぐに良くなりました。
健康診断を受けることでインコの健康状態を把握し、病気などをいち早く見つけることができます。インコが卵詰まりにならないためには過度な発情を防ぐ必要もあります。健康診断の際に飼育方法や卵ができた場合のアドバイスをもらうと、いざというときにも慌てずに正しく対処することができますよ。