キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

インコはどれくらい生きられる?インコの平均寿命をご紹介します

鳥好きな人なら飼ってみたいと思うかわいいインコ。ペットショップを覗いたり鳥カフェを訪れたり、インコを間近で見ることはできてもそれだけでは満足できせん。インコと一緒に遊んで常に触れ合いたいと思うことでしょう。インコを飼いたいと思ったら最後までしっかりお世話することが大切ですが、そもそもどれくらい生きられるの?と寿命が気になりますよね。インコの平均寿命についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコの雛の育て方で重要な点、餌のあげ方についてご紹介

インコを雛のうちから育てると、とてもよく懐くと話に聞きます。そのような点から雛からインコを育てたいと...

インコの卵が孵化するまでの日数と飼い主が気をつけたいこと

インコをつがいで飼っていると、卵を産んだときにはヒナがかえる可能性が高くなります。一生懸命に卵を温め...

【鳥の飼い方】ペットとして懐くための飼い方のポイント

ペットとして、初めて鳥を飼育するという時には、せっかくならば懐いてほしいと思うと思います。ペットとの...

インコに多い精巣腫瘍。症状の特徴と、病気と向き合う過ごし方

精巣腫瘍はインコに多い病気のひとつです。気づいた時にはかなり進行していることもあり、治療はとても困難...

インコを水浴びさせる時のおもちゃの必要性と注意点について

インコを初めて水浴びさせようと考えた時、おもちゃはあった方がいいのかどうか迷ってしまうのではないでし...

インコの寿命は意外と長い。インコの平均寿命と飼い方について

インコはそれほど長くは生きられないと思ってはいませんか?体が小さな動物は寿命も短いと思いがちですが、...

インコの爪切りのやり方を紹介。しっかり保定することが大切です

インコの爪が伸びていることに気がついたら、爪を切ってあげる必要があります。爪が伸びていると、洋服など...

インコは飼育しやすく値段も安い!インコの値段と飼育費用

一般的なペットである犬や猫に比べると、インコの値段は高くはありません。最初にケージなどを飼育に必要な...

インコが卵詰まりかも。こんな症状がみられたらすぐに対処が必要

インコのメスはたとえ1羽飼いであっても発情期になると卵ができます。そしてスムーズに産卵できず、りきん...

インコの値段と飼育に必要なもの。インコにかかる費用の相場

インコは人になついておしゃべりをしてくれたり、きれいな鳴き声でさえずったりと、インコがいるだけで家の...

インコのケージ台はどんなものが理想?おすすめを紹介します

インコのケージは床ではなく置いたほうがいいのでしょうか?インコのお世話をするにもある程度、高さがある...

インコのエサをペレットに切り替えるときのコツやポイント

インコのペレット切り替えを何度も試しているけれど、なかなか上手くいかないときにはどうしたらいいのでし...

インコの飼い方【夏編】快適な温度と部屋を涼しくする方法

インコを飼っている飼い主さんの中には、夏のインコの飼い方について知りたい人もいるのではないでしょうか...

コザクラインコの体調が悪いときの症状と病気について

大切にしているコザクラインコの様子がいつもと違って元気がないと心配になりますよね。コザクラインコ...

インコは一羽でも卵を産む!産卵したあとで気をつけたいこと

大切な家族でもあるインコ。一羽しか飼っていないのに、ある日インコが卵を産むということもあります。イン...

スポンサーリンク

カラーが豊富でおしゃべりも得意!セキセイインコの平均寿命

インコと聞いて真っ先に思い浮かべるのがセキセイインコではないでしょうか。カラフルは羽の色も魅力ですが、人によくなつくので手乗りすることができ、言葉を覚えておしゃべりしてくれる楽しみもあります。飼育がしやすいのもペットとして人気が高い理由のひとつでしょう。

インコを飼うのが初めての人にもおすすめできるセキセイインコの気になる平均寿命は7~12年です。

7年しか生きられないと思うと短いと感じるかもしれませんが、12年なら犬や猫と同じくらい。なんとなく満足できて安心しますよね。

セキセイインコは本来10~12年は生きられる鳥です。平均寿命に5年もの差があるのは病気や事故により早く亡くなるケースがあるためです。適切な飼育をしなかったことで病気になってしまったり、人間の不注意から事故にあい命を落とすことも多いです。
セキセイインコにあわせた正しい飼い方をすることで、平均寿命よりも長生きしてもらうことができます。セキセイインコを迎えたら家族同様のかけがえのない存在になるはずです。セキセイインコを大切に思う気持ちがあれば事故や病気も防げるはず。寿命は飼い主次第でもありますよ。

愛情豊かなラブバード。コザクラインコとボタンインコの平均寿命

インコ同士が並んでくっついている様子が印象的なコザクラインコやボタンインコ。ラブバードと呼ばれるくらい、愛情が豊かなインコでもあります。飼い主にもべったりの甘えん坊になりますが、それゆえヤキモチ焼きだったり嫉妬深い面もちらほら見えてくることでしょう。機嫌をそこねて噛まれたときは結構痛いので覚悟は必要です。

コザクラインコやボタンインコは体長が13~15センチほどの中型インコになります。

平均寿命はコザクラインコが10~15年、ボタンインコは10年前後です。

コザクラインコの方がボタンインコよりもわずかに大きめのせいか、平均寿命もコザクラインコの方が少し長めでもあります。
どちらも適切な飼育をして病気や事故を防ぐことで15年以上長生きをしてもらうことも夢ではありません。20年以上生きたコザクラインコやボタンインコもいるそうです。

丸っこい体と鮮やかな羽の色が特徴のコザクラインコとボタンインコですが、似たような見た目のため区別がつかないという人もいることでしょう。見分け方は簡単です。目の周りが白くなっている方がボタンインコです。コザクラインコは黒く大きな目をしています。性格の面ではボタンインコの方が少し神経質なところがあるようですが、より愛情深いのはボタンインコだと言われています。

歌うのが大好きでにぎやかなオカメインコ。寿命は中型インコと同じ

歌が大好きで口笛が得意なオカメインコ。言葉を覚えてしゃべることもありますが、歌の方が好きなようです。オカメインコの飼い主の悩みの種になるほど、一日中歌っているオカメインコもいるほどです。頬にある丸い模様がチャームポイントでもありますよね。

オカメインコは体長が25~35センチほど。中型インコと比べると大きめでもありますが、平均寿命は12~15年ほどで中型インコとほぼ同じくらいです。20年生きるオカメインコもたくさんいますので、15年位生きると思っていた方が良いでしょう。

オカメインコはやさしくて穏やかな性格なので、セキセイインコのような小さなインコとも一緒に飼うことができます。鳥同士仲良くなってくれるので、いろいろな鳥をたくさん飼いたいという人にもオススメです。

オカメインコの長生きの秘訣も病気にさせないことです。オカメインコに負担を与えない正しい飼い方をして、もしも病気になったらすぐに病院へ連れて行くことが大切です。そのためにもインコの定期検診も欠かさずに受けてくださいね。

オカメインコは臆病な面もあるため、いつもとは違う何かを察知するとパニックになって飛び回ることがあります。この時に窓から出てしまったり、家の中で事故にあうケースもあります。オカメパニックには飼い主もパニックになりそうですが、ここは落ち着いて冷静に対処することが肝心です。

大型インコなら平均寿命も長い。飼育の後継者が必要な場合も

大型インコは体の大きさだけでなく知能が高いので、ペット以上の大きな存在となるでしょう。販売価格も高く、飼育のための広いスペースも必要なため、飼うことにも覚悟が必要です。ですが、人生を豊かにしてくれる大切なパートナーになるはずです。

人生の良きパートナーについては寿命においても言えることです。

大型のインコの平均寿命は40~50年とかなりの長生きです。

飼い主の年齢次第では飼育の後継者を見つけておかなければなりません。実際にペットショップでも飼い主の年齢によっては販売してくれない場合もあります。

知能の高さで知られているヨウム、羽の色が鮮やかなコンゴウインコは平均寿命が50年です。なかには100年以上の長寿もいるので、飼うのならかなりの覚悟が必要です。
ピンク色の羽がかわいいモモイロインコの平均寿命は40年。人になつきすい性格なのでペットとしても人気が高いです。

大型インコは割とおとなしい性格でもありますが、鳴いた時はかなり大きな声でもあります。ケージも大きなサイズを用意しなければなりません。飼いたいという気持ちよりも、飼えるかどうかが問題になりそうですね。

小さなインコのマメルリハ。平均寿命は意外と長い

ペットとして飼われているインコの中でも最も小さいのがマメルリハです。鳴き声もそれほど大きくなく、人になつくので手乗りになります。短い言葉なら覚えて話すこともできるようになります。

セキセイインコよりもひとまわり小さなサイズのマメルリハですが、平均寿命は20年なので中型インコよりも長生きです。

小さくて飼育も難しくありませんが、存在感は十分です。おとなしくマイペースな性格ではありますが、気が強い面もありますので、気に入らないことがあれば攻撃をしてくることも珍しくありません。喜怒哀楽がわかりやすいので、その分、お世話も楽しめることでしょう。

マメルリハを長生きさせるコツは病気と事故を防ぐことと、ストレスを与えないことも大切です。

愛情深く気が強い面があるため、何羽も鳥がいる環境ではストレスを感じる可能性もあります。
また、寒さや臭いにも敏感です。寒さから体調を崩すことも多いので温度管理をしっかり行ってください。化粧品や洗剤などの臭いや空気の汚れにも敏感に反応することがありますので注意が必要です。

インコと長く楽しく暮らすためには、インコの病気や事故を防いで健康を守ることが大切です。そのためにもインコの習性を尊重し、インコにふさわしい生活を与えてあげてくださいね。