キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

【インコの種類】しゃべるのが得意で育てやすいインコの種類

インコにはたくさんの種類があります。これからインコを育ててみたいという方の中には、おしゃべりを覚えさせたいという方も多いと思います。インコは種類によって、おしゃべりが上手な種類もいれば、あまり得意ではないという種類もいます。
そこで、しゃべるのが上手なインコの種類についてご紹介します。インコを迎えるからには、育てやすいというのも大切なポイント。インコの種類のいろいろな特徴を比較して、お気に入りのインコを探して下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコの飼い方【ヒナを迎える】必要な準備や注意点を紹介

インコの飼い方がわからないけど、可愛いヒナを見ると飼ってみたいと思いませんか?ヒナから育てると飼...

【鳥の飼い方】ペットとして懐くための飼い方のポイント

ペットとして、初めて鳥を飼育するという時には、せっかくならば懐いてほしいと思うと思います。ペットとの...

インコのケージ台はどんなものが理想?おすすめを紹介します

インコのケージは床ではなく置いたほうがいいのでしょうか?インコのお世話をするにもある程度、高さがある...

インコの雛の鳴き声からわかる気持ち!インコの感情を知る方法

インコの雛を飼い始めると、いろいろな種類の鳴き声に「今は、どんな気持ちなんだろう?」と疑問を持つ飼い...

コザクラインコの体調が悪いときの症状と病気について

大切にしているコザクラインコの様子がいつもと違って元気がないと心配になりますよね。コザクラインコ...

インコを水浴びさせる時のおもちゃの必要性と注意点について

インコを初めて水浴びさせようと考えた時、おもちゃはあった方がいいのかどうか迷ってしまうのではないでし...

インコの水浴びに噴水型?その正体とインコの水浴びについて

インコについて調べていると、可愛い噴水型の用具があると話に聞きます。またそんな画像を見かけることも。...

かわいい小型インコを飼いたい!ペットにおすすめの種類を紹介

インコにはいろいろな種類がありますが、小型インコはかわいらしくて飼いやすそうなイメージがあります...

インコが卵詰まりかも。こんな症状がみられたらすぐに対処が必要

インコのメスはたとえ1羽飼いであっても発情期になると卵ができます。そしてスムーズに産卵できず、りきん...

インコの雛が水を飲まない!雛の水分補給の必要性について

インコを雛のうちから育てる場合、大きく育てるまで気が気ではありません。餌は足りているか、水分は補給し...

インコの爪切りのやり方を紹介。しっかり保定することが大切です

インコの爪が伸びていることに気がついたら、爪を切ってあげる必要があります。爪が伸びていると、洋服など...

インコが餌を食べないときに考えられる5つの理由と対処法

こまめに餌を食べ、こまめに排泄をするインコ。そんなインコが餌を食べないのは心配になりますよね。イ...

鳥の中でも寿命が長いオウム、寿命や飼い方、注意点を解説

ペットとして鳥を飼う方も多いですが、中には寿命が長い鳥もいるため、飼う前に知っておく必要があります。...

コザクラインコの雛の挿し餌方法は購入店スタッフに確認をしよう

コザクラインコの雛には挿し餌をしますが、挿し餌について詳しく知ることが大切であり、雛が体調を崩さない...

インコがヒーターでやけどするのを防ぐ!設置場所や対処法を紹介

寒さに弱いインコのためにヒーターを使用している家庭も多いですね。しかし、このヒーターによって低温...

スポンサーリンク

しゃべるのが得意で飼いやすいインコの種類はセキセイインコ

おしゃべりが得意なインコの中でも買いやすく、値段もお手頃な種類と言えばセキセイインコです。
ペットショップなどでも愛らしい姿を目にする機会があるほど流通は安定しており、一羽3000円前後で売られています。
種類もたくさんいますが、愛好家も多いのがセキセイインコですので飼育の際にも情報が少なくて困るという事は少ないでしょう。

オーストラリア原産のセキセイインコはカラーバリエーションも豊富

体長も手のひらサイズ程と見た目も大変愛らしいのが特徴で、鳴き声もそれほど大きくありませんので近所迷惑にはなりません。

見た目もかわいいセキセイインコはおしゃべりも上手で、長文を話すのも得意だと言われています。

オスメスでおしゃべりには差があり、セキセイインコはオスの方がおしゃべりが得意でメスは基本的にあまりしゃべらず無口です。

おしゃべりをさせたいのであれば、複数で飼うよりも一羽で飼った方が言葉を覚えるのでお話をしたいとお考えでしたら、一羽で飼うようにしましょう。

小さくて可愛い種類のマメルリハもしゃべるのが上手なインコ

マメルリハは、原色は緑のインコです。
最近では品種改良が進み、青の個体も見られるようになりました。

鮮やかな色が一番に目を引くマメルリハ

最近では青の個体が多くよく見かけるようになりましたが、様々な色がいる見た目も美しい鳥です。

体長が15㎝よりも小さく、体重も30gほどでインコの中で最小サイズという所がまたとても愛らしいインコです。

マメルリハは通常のペットショップではあまりお目にかかる事のできない種類で、鳥類専門店に行かないとなかなか見る事ができない事が多い鳥です。

値段もセキセイインコに比べると予算が高く、1万円代から3万円代の個体が多いです。

性格は甘えん坊な所もありますが、小さい体とは裏腹に攻撃的な面もありますので、怒っている時にはそっとしてあげて見守ってあげるという場面も多々あります。

一番気になるのはおしゃべりですが、セキセイインコと比べると、何と言っているのか聞きづらい、舌ったらずのような話し方をします。
長い文章をしゃべるのもあまり得意ではなく、体も小さいので声も大きくありませんが、声が大きくないという事は普段からも大きな声で鳴いたりすることが無いという事です。

小さな体で一生懸命お話してくれる姿が可愛い魅力満載のインコがマメルリハです。

しゃべるのが一番得意な種類の賢いインコ

インコの中で一番おしゃべりが上手な種類というと、ヨウムがダントツに上手です。

ヨウムはとにかく頭が良く感情もあるとされており人間のように反抗期もある鳥

見た目が非常に特徴的でインコの中でも大型に区分されます。

また、目つきが鋭くセキセイインコやマメルリハに比べると見た目が怖くてちょっと…という方もいらっしゃいますが、実は頭がとてもよくて、知能は人間の五歳児並であるという話は有名ではないでしょうか。

頭の良い鳥ですので、聞いた言葉はすぐ覚える事ができ、ちょっとした口癖を覚えていてお話の中に取り入れてくるので、ヨウムを家に迎え入れるととても楽しい生活になります。

また、メロディーを覚えて歌を歌ったり、言葉の意味を理解できるので会話のキャッチボールを楽しむことができます。

2017年ではヨウムの平均価格は30万円程でしたが、2016年のワシントン条約の会議でヨウムの国際的な取引が大きく制限されるようになりましたので、価格が上がっている可能性があります。

インコがおしゃべりを始める時期

インコがおしゃべりをし始めるのは個体差がありますが、早い個体では3か月ほどから、遅い子では1年以上かかっておしゃべりを始めた子もいるので一概にこの時期とは言えませんが、平均的に四か月くらいから、インコはおしゃべりを始めます。

インコがおしゃべりに関心を持ち始めると、飼い主の顔を見つめる事が多くなります

  • ケージから出すとインコの耳は目の横についているので、顔を近づけて言葉を一生懸命聞いてきます。
  • 人間の肩にとまって会話を聞きながら口がどんな動きをしているのか何と言っているのかを一生懸命探ってきます。

ですから飼っているインコがこのような行動を取り出したら頻繁に話しかけるようにして根気よく言葉を教えてあげましょう。

人間もそうですが、インコも小さなうちから言葉を教えるとどんどんしゃべってくれるようになります。
インコのおしゃべりは人間とのコミュニケーションがカギともいわれていますので、なるべくコミュニケーションを取るようにしてインコと楽しくおしゃべりできるようにしましょう。

おしゃべりインコに育てるためのポイント

楽しくおしゃべりをする事のできるインコですが、より一層おしゃべりを楽しむことができるインコの特性と本能があります。

インコとおしゃべりを楽しみたいと思っている時は、性別によっておしゃべりの上手さが変わります。
おしゃべりが上手と言うと女子かなと思いますが、インコの場合は男子の方がおしゃべりが上手な傾向がありますので、これからインコを飼おうと思っている方は男子のインコを選びましょう。

インコが人間の言葉を覚えるのには訳がある

インコは他の鳥とコミュニケーションをとる時には鳴き声を使ってコミュニケーションを取るのですが、その時には相手の鳴き声を聞き取り真似をしてやり取りをするのです。
相手がインコの時にはインコの鳴き声を、人間の時には人間の言葉を一生懸命覚えてコミュニケーションをとろうとしてくれます。
これがおしゃべりインコの秘密です。

ですから、周りに鳥がいるとどうしても鳥とコミュニケーションをとる事が多くなって人間の言葉をなかなか覚えられない可能性が高くなりますので、おしゃべりを楽しむ目的でインコを育てるのでしたら必ず一羽だけで飼いましょう。

インコをおしゃべりにしたい時には高めの声でたくさんインコに話しかけるという事も大切です。
男性の声は女性に比べると低いので、気持ち高めに話すとインコも聞き取りやすく、たくさん話してくれるようになります。
インコが人間とコミュニケーションを取りたいと思うようになるまでコミュニケーションを深める事も大切なのです。