キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

インコの飼い方【夏編】快適な温度と部屋を涼しくする方法

インコを飼っている飼い主さんの中には、夏のインコの飼い方について知りたい人もいるのではないでしょうか。夏は気温が高くなるため、インコの熱中症対策をする必要があります。

インコが過ごす部屋は一体どのくらいの温度にすればよいのでしょうか。部屋の温度をインコが過ごしやすい温度にして、飼い主さんが管理をしてあげましょう。

インコが元気に生活できるように、愛情を持ってお世話してあげてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコの年齢、人間でいうと何歳?寿命を伸ばすためにできること

飼っているインコが高齢になってくると気になってくるのが寿命です。あと何年一緒にいられるのか心配になる...

インコの雛が噛むときの理由とやめさせるための対処法を紹介

インコの雛を飼っていると雛が噛むようになることがあります。では、どうして雛は飼い主を噛んでしまう...

インコの飼い方【ヒナを迎える】必要な準備や注意点を紹介

インコの飼い方がわからないけど、可愛いヒナを見ると飼ってみたいと思いませんか?ヒナから育てると飼...

インコの雛は水浴びさせても良いのかどうかについて知りたい

インコを雛から飼っている時に、餌や温度管理などについて気になると思いますが、それ以外でも気になるのが...

【インコの種類】しゃべるのが得意で育てやすいインコの種類

インコにはたくさんの種類があります。これからインコを育ててみたいという方の中には、おしゃべりを覚えさ...

インコの雛の育て方で重要な点、餌のあげ方についてご紹介

インコを雛のうちから育てると、とてもよく懐くと話に聞きます。そのような点から雛からインコを育てたいと...

疥癬症はインコに多い病気のひとつ。原因と症状、治療について

インコによくある病気のひとつに疥癬症があります。症状は比較的わかりやすく、インコが頻繁にかゆがってい...

ペットを飼うならインコがおすすめ!インコの魅力をお伝えします

私たちに癒やしや喜びを与えてくれるかわいいペット。お世話は大変ですが、ペットの存在はそれ以上の価...

コザクラインコの雛の挿し餌方法は購入店スタッフに確認をしよう

コザクラインコの雛には挿し餌をしますが、挿し餌について詳しく知ることが大切であり、雛が体調を崩さない...

インコの寿命は意外と長い。インコの平均寿命と飼い方について

インコはそれほど長くは生きられないと思ってはいませんか?体が小さな動物は寿命も短いと思いがちですが、...

インコがしゃべるのはいつから?小さい頃から名前で呼びましょう

インコがしゃべるようになるのはいつからなのでしょうか?手乗りの他にも、おしゃべりをしてくれたら嬉しい...

インコを飼う前に考えておきたい。飼育に必要な物と費用について

インコを飼ってみたいと思っていても、飼育にかかる費用が気がかりでもありますよね。インコは小さいの...

コザクラインコの体調が悪いときの症状と病気について

大切にしているコザクラインコの様子がいつもと違って元気がないと心配になりますよね。コザクラインコ...

インコの卵詰まりの費用とは?手術や入院代について紹介します

インコが卵詰まりになってしまったときにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。手術や入院が必...

インコにペレットをあげるときの量やあげ方について

インコにペレットをあげたいときにはどのくらいの量を与えたらいいのでしょうか?シードからペレッ...

スポンサーリンク

インコの夏の飼い方・インコが過ごす部屋の室温について

インコは寒さに弱い印象がありますが、あまりに暑い夏もまた注意が必要です。インコも暑い部屋の中に長時間いると、私たち人間や犬や猫といったペットと同じく熱中症になってしまいます。幼鳥や高齢のインコ、病気の場合なら、暑さによって体力が消耗してしまうためより注意が必要です。

インコにとって快適な室温にするためには、インコの適温を知っておきましょう。

健康な大人のインコなら20~28度位が丁度よい室温

私たち人間が快適と思える温度がインコにとっても過ごしやすい温度になります。

初めて夏を迎えるまだ若いインコなら、健康なインコよりも温度差を少なくし、室温も24~28度くらいと考えてください。

しかし、室温はあくまでも目安になります。必ずインコの様子を確かめながら、温度を調整してください。

室温がインコにとって快適な状態でも、日差しがあたることで暑くなってしまう場合もあります。

薄いカーテン越しであっても日光があたるような場所は日射病になる恐れがあります。インコは適度な日光浴も必要ですが、長時間日差しがあたるような場所にケージを置いている場合は、ケージの置き場所も見直してみてください。

夏にインコの過ごす部屋を涼しくするには風通しを良くすること

インコが翼を浮かせて胴体から離しているときは暑いとき

長い時間そのような状態のままにするとインコの体力を奪い、熱中症になる危険性もあります。インコが暑がっているときはケージの中を涼しくしてあげましょう。

窓を開けて外から風を入れてください。

窓は部屋の対角線上にある2カ所を開けると風が部屋の中を通ります。風がうまく流れないときや、ちょうど良い場所に窓がないときはサーキュレーターを使って風の流れを作ると良いでしょう。サーキュレーターの代わりに扇風機で風の流れを作ることもできます。

風が入ってこない日なら、エアコンを使って室内の温度を調整してください。

この時、エアコンの風がインコに直撃しないように気をつけてください。体を冷やしてしまうことで体調を崩してしまいます。扇風機の風の場合も同じです。

風がインコのケージに向かわないようにセットしてください。
エアコンで部屋の中を涼しくできても、インコの体を冷やし過ぎてしまう場合があります。私たち人間が涼しく快適に感じても、インコにとては冷えて寒く感じることもありますので、インコの様子をこまめに確認するようにしましょう。

夏は保冷剤を活用するのもおすすめ!温度を下げる飼い方

扇風機やエアコンを使って室温を調整するのが難しく感じることもあります。エアコンでは冷えすぎてしまうことが心配になったり、少しだけ涼しくしたいという日もありますよね。

保冷剤を使ってみてください。保冷剤をケージの上に置いておくと、保冷剤によって冷えた空気がケージの下に向かって流れていきます。
  • 保冷剤の大きさを変えることで温度を調整できますし、冷えすぎるようなら保冷剤をタオルでくるんでから置いておくと良いでしょう。
  • 保冷剤の代わりにペットボトルを凍らせて使うこともできます。大きめの保冷剤やペットボトルなら3時間くらいなら持たせることができます。

保冷剤はエアコンがない部屋にケージを置いているときや、定期検診や爪切りなどのため動物病院へ行くときにも便利です。キャリーケースの上や周りに保冷剤を置くだけで、移動中もインコのいる場所を涼しくすることができます。

インコの体調が悪いため動物病院へ行くときは、よほど暑がっていない限りはケージを冷やさないようにしましょう。

インコが暑そうにしている時はすぐに対処してあげよう

インコは寒いときには羽を膨らませてまんまるになりますよね。暑いときは逆の状態になります。羽をぴったりと体につけるためいつもよりスリムに見え、翼を浮かせて胴と翼の間に風を入れるしぐさをします。よく動いた後で一時的に暑がる場合もありますので、しばらく様子を見て、ずっと暑がっているようなら涼しくしてあげてください。

口を開けて呼吸しているときは更に暑い状態

開口呼吸は過剰なストレスがかかったときや病気によってする場合もありますので注意が必要です。

インコが暑がって苦しそうに見えたら、すぐに涼しい状態にしてあげてください。風通しの良い涼しい部屋に移動するか、冷房を入れて室温を下げてあげてください。しばらく様子を見ると、そのうち落ち着いてくると思います。

暑がっているからといってエアコンや扇風機の風をインコに直接向けたり、体を冷やすようなことはしないでください。

急激に冷やしてしまうと体調を崩してしまう場合もあります。
ケージの中には必ず水を取り付けておき、水浴び用の水もセットしてあげると良いでしょう。

インコが暑がったあとに、室温を調整しても具合が悪そうにしていたら、すぐに動物病院へ連れて行ってください。熱中症になっていたり、体調を崩している可能性があります。また、インコは体のどこかに痛みがある場合も羽を浮かせることがあるようです。いつまでも暑がっていたり、元気がなく食欲が落ちた場合も獣医さんに診てもらうようにしてください。

インコの夏の留守番中の飼い方

夏の暑い時期はインコを長い時間お留守番させないようにしてください。

夏の時期は長くても3~4時間程度にしておきましょう

エアコンで室温を調整して出かけても、天気や日差しで気温が変わることも多いです。特に日差しによって部屋の中が暑くなっている場合は、雲が出てきたり太陽が動くことで日光の入り具合も変わり、部屋の温度も変わってしまいます。

出かけるときはインコにとって最適な温度であっても、1~2時間もすると室温が下がりすぎていることもあります。

また、出かけてすぐにエアコンが故障してしまい、室温が高くなってインコの体調が悪くなったということもあるようです。
大切なインコが夏の暑さによって体調を崩してしまわないように、インコの様子を見ながら部屋の中の温度を調整することが大切です。お留守番をさせる場合も、家族で協力しながら、あまり長い時間家を留守にしないようにしてくださいね。