キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

インコのエサをペレットに切り替えるときのコツやポイント

インコのペレット切り替えを何度も試しているけれど、なかなか上手くいかないときにはどうしたらいいのでしょうか。

ペレットを食べなくて、シードをあげてしまう気持ちよくわかります。急にペレットにすべて切り替えるのではなく、ちょっとずつあげてみるのはどうでしょう。

ペレットに切り替えるときのコツやポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ペットを飼うならインコがおすすめ!インコの魅力をお伝えします

私たちに癒やしや喜びを与えてくれるかわいいペット。お世話は大変ですが、ペットの存在はそれ以上の価...

インコの寿命は3年?本来の寿命と長生きのための飼育方法

インコの寿命は3年という話を耳にすることがあります。飼っていたインコが3歳で亡くなってしまうと、イン...

【インコの種類】しゃべるのが得意で育てやすいインコの種類

インコにはたくさんの種類があります。これからインコを育ててみたいという方の中には、おしゃべりを覚えさ...

インコに多い精巣腫瘍とは?疑われる症状や行動、原因について

インコに多い病気のひとつに精巣腫瘍があります。人間の場合なら腫瘍の摘出手術を行うことも多いですが、体...

インコの雛が水を飲まない!雛の水分補給の必要性について

インコを雛のうちから育てる場合、大きく育てるまで気が気ではありません。餌は足りているか、水分は補給し...

インコの卵詰まりの見分け方とは?症状や対処方法を紹介します

インコが卵詰まりになったかどうかの見分け方とは?このような症状があるときには卵詰まりかもしれません。...

インコの雛は水浴びさせても良いのかどうかについて知りたい

インコを雛から飼っている時に、餌や温度管理などについて気になると思いますが、それ以外でも気になるのが...

成長に合わせたお世話がポイント。インコの雛の育て方

ペットショップでインコの雛を見かけたら、そのかわいらしさから飼ってみたいと思う人も多いはず。小鳥を飼...

しゃべるのが得意なインコの種類と値段について紹介します

インコを飼うのなら言葉を教えてしゃべるインコにしたいですよね。言葉を覚えてもらうためには飼い主の根気...

インコの年齢、人間でいうと何歳?寿命を伸ばすためにできること

飼っているインコが高齢になってくると気になってくるのが寿命です。あと何年一緒にいられるのか心配になる...

インコにペレットをあげるときの量やあげ方について

インコにペレットをあげたいときにはどのくらいの量を与えたらいいのでしょうか?シードからペレッ...

インコの爪切りのやり方を紹介。しっかり保定することが大切です

インコの爪が伸びていることに気がついたら、爪を切ってあげる必要があります。爪が伸びていると、洋服など...

ペットに人気の鳥の種類と購入時のかかる値段について紹介します

ペットとして鳥を飼いたいと思ったとき、世話のしやすさや人懐っこさも気になるところでしょう。鳥といって...

コザクラインコの性別が知りたい!オスメスの見分け方について

コザクラインコはオスメスで外見上にあまり違いがないため、性別の見分け方が難しいと言われています。...

疥癬症はインコに多い病気のひとつ。原因と症状、治療について

インコによくある病気のひとつに疥癬症があります。症状は比較的わかりやすく、インコが頻繁にかゆがってい...

スポンサーリンク

インコのエサの切り替えでシードからペレットにするのは難しい

インコのエサといったら様々な種子が混合されたシードタイプを思い浮かべる人が多いでしょう。インコのエサにはこのようなシードタイプの他にペレットもあります。ペレットはインコに必要な栄養素をバランスよく配合して作られた人工的なエサです。ドッグフードやキャットフードのように1日の給餌量が定められていて、補助的に与えるエサも必要ありません。

インコにとってはペレットよりもシードの方が美味しいと感じるようです。

ペレットを食べているインコにシードを与えてみるとすんなりと食べてくれますが、通常はシードを食べているインコにペレットを与えてみたところでまず食べてはくれません。ペレットを食べ物とすら思わないインコもいます。
インコの気持ちを思うとエサはシードで十分と考えるかもしれませんが、シードだけではインコに必要な栄養をすべて補うことはできません。カルシウムやビタミンなどを別に用意する必要があります。

ペレットならすべての栄養素が含まれているため、青菜やボレー粉を与える必要もありません。

インコが喜ぶのならおやつ程度に与えるだけで十分です。

我が家のセキセイインコもずっとシードを与えてきました。セキセイインコの1羽が腎臓疾患にかかり、獣医からペレットなら効果の高い療養食があると言われたのですが、シードに慣れていたため食べてはくれませんでした。今はシードを食べさせているのなら、万が一のときのためにペレットも食べられるようにすることをおすすめします。

インコのペレット切り替えはまず少しずつ始めてみましょう

これまでシードを食べていたインコなら、いきなりペレットを与えたところで、すぐに食べてくれることはまずありません。また、いきなりエサを変えてしまうと、インコがお腹を壊してしまうこともあります。

インコのエサをシードからペレットに切り替える場合は、時間をかけて少しずつ切り替えるようにしてください。

最初のうちはシードを多めにし、ペレットを少し混ぜる程度にします。徐々にシードとペレットの割合を変えていき、シードよりもペレットの方が多い状態になってからペレットだけにしてください。

インコが食べているかどうかも必ず確認してください。シードの中にペレットを混ぜて与えた場合、慣れているシードだけを食べてペレットを上手に残している可能性も高いです。ペレットを食べ物と認識していない場合もありますので、ペレットを食べている様子は必ず確かめるようにしましょう。

インコのペレット切り替えが上手くいかないときは食べる環境を変えてみて

エサ箱の中にペレットを入れてみても、インコが食べてくれないことも多いです。大好きなシードばかり食べてペレットは残していたり、お腹が空いても全く口にしないこともあります。

インコにとってペレットは見慣れないものです。食べてもシードより美味しくないのなら、シードを選んで当然と理解できますよね。
まずはペレットに慣れさせることが大切です。ペレットを食べ物だと思っていないインコには食べ物だと認識させる必要があります。

ケージから出している間にインコがよくいる場所にペレットをまいておきます。インコは足元のエサをつつく習性があるので、足元にばらまかれたペレットを食べる可能性があります。いきなり主食としてペレットを与えるのではなく、おやつとして与えてみてください。

遊びの中に取り入れてみるのも効果的です。ペレットを一粒つまみ、飼い主が食べて見せます。食べ物だとわかり興味を持ったところでインコにも与えてみてください。飼い主の手から一粒ずつなら食べるというインコもいます。
お気に入りのおもちゃを使って与える方法もあります。お気に入りのおもちゃの上にペレットを置いてみたり、おやつと一緒に与えるのもおすすめです。
インコが複数羽飼っている場合は、1羽でも食べると一緒に食べだすこともあります。ペレットを食べるインコと一緒に過ごさせてみるのも良いでしょう。

インコのペレット切り替えは時間がかかるもの

インコのエサをペレットに切り替えるのは、かなり時間がかかると思ってください。

なかにはすぐに食べてくれるインコもいて、簡単にすんなりと切り替えることができたといううまい話を聞くことがあります。しかし、それはかなりまれなことだと思ってください。切り替えには1ヶ月以上はかかりますので、飼い主の根気も必要です。

雛のうちならペレットも食べてくれることが多い

雛から飼うときはペレットも与えて慣れさせておきましょう。

成鳥のインコの場合はかなり頑固です。ペレットを意地でも食べないという個体もいます。どうしてもペレットを食べない場合は無理はせずに、インコの体のためにも諦めることも必要です。お腹が空いたらペレットも食べるだろうと思い、ペレットだけにしたことがありますが、頑なに食べずにそのうち膨らんで体調を崩しかけたことがあります。

シードのエサでもボレー粉や青菜、ビタミン剤を与えることで必要な栄養を補うことができます。
根気よくペレットをおやつとして与え続けてみると、そのうち食べてくれる可能性もありますよ。

インコがペレットを食べてくれないときの対処方法

インコがペレットを食べてくれないときは、ペレットの種類を変えてみてください。

ペレットにはインコの好みを考慮して、味や食感が違うものも用意されています。ペレットのメーカーを変えて見るのも良いでしょう。
我が家のセキセイインコもペレットの油分が気になるようで、口に入れようとしてもペッとはじいてしまいました。そこで油分の少ないペレットに変えてみたら食べてくれましたよ。ペレットを砕いて細かくしたことで食べるようになったセキセイインコもいます。インコが食べやすいように工夫してみることも大切です。

ペレットの味に慣れてもらうことも必要です。ペレットをそのまま与えても食べないときは、細かく砕いてシードの上にふりかけておきます。いつものシードを食べながらペレットも口に入ることで、次第にペレットの味にも慣れてきます。最初はペレットがふりかけられたシードに抵抗を示すかもしれませんが、空腹に耐えられず諦めて食べ出します。ペレットをふりかけたシードに慣れてきたら、今度はペレットの粒を粗めに砕いてふりかけます。段階をふんでペレットに慣れさせていきましょう。

なかにはペレットをふりかけたことでシードを全く食べようとしないインコもいます。しばらく様子を見ても食べないようなら諦めて、ペレットを混ぜていないシードに戻してください。エサを食べないことで健康を害してしまう恐れがあります。ペレットを遊びの中に取り入れたり、インコのおやつにふりかけてみるなど、違う方法を試してくださいね。