キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

インコのヒーターのつけっぱなし!安全性など気になる点について

冬の寒い時期、外出時にインコが寒くないか気になってしまいます。中にはインコ用の ヒーターのつけっぱなしを、考える方もいらっしゃることと思います。

そこでヒーターのつけっぱなしで、飼い主さんが気になる安全面について、ご紹介をいたします。

またインコ用ヒーターの電気代についても、紹介をしていますので合わせてお読みになってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インコの水浴びに噴水型?その正体とインコの水浴びについて

インコについて調べていると、可愛い噴水型の用具があると話に聞きます。またそんな画像を見かけることも。...

インコの雛が噛むときの理由とやめさせるための対処法を紹介

インコの雛を飼っていると雛が噛むようになることがあります。では、どうして雛は飼い主を噛んでしまう...

インコが水っぽい糞をした場合の原因と気をつけた方がよいとき

インコの糞はコロンとした固形で水分はほとんど感じられません。ところが時には水っぽい糞をしたり、ほ...

大型インコの寿命は50年。ペットとして迎えるのなら覚悟が必要

鳥を飼いたいと思ったときに思い浮かぶのがセキセイインコやオカメインコです。かわいくて飼育もしやすいで...

インコがしゃべる確率が高い性別や見分け方、教え方やポイント

しゃべるインコを育てたい方も多いと思いますが、その場合はインコの性別がポイントになります。性別を...

インコの値段と飼育に必要なもの。インコにかかる費用の相場

インコは人になついておしゃべりをしてくれたり、きれいな鳴き声でさえずったりと、インコがいるだけで家の...

しゃべるのが得意なインコの種類と値段について紹介します

インコを飼うのなら言葉を教えてしゃべるインコにしたいですよね。言葉を覚えてもらうためには飼い主の根気...

インコの鳴き声対策として飼い主ができることとしつけの方法

ペットして人気のインコは、犬や猫と違い、アパートやマンションでも飼いやすいペットです。しかし、もしか...

マメルリハインコの寿命と長生きしてもらう飼育のポイント

きれいな羽色と丸っこい体が特徴のマメルリハインコ。インコの中では小さなサイズですが、意外と寿命が長い...

インコの飼い方【夏編】快適な温度と部屋を涼しくする方法

インコを飼っている飼い主さんの中には、夏のインコの飼い方について知りたい人もいるのではないでしょうか...

インコが爪切りで暴れるときの対処法!安全に爪切りをする方法

インコの爪切りをしようと思っても、インコが暴れる事に頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょ...

【鳥の飼い方】ペットとして懐くための飼い方のポイント

ペットとして、初めて鳥を飼育するという時には、せっかくならば懐いてほしいと思うと思います。ペットとの...

鳥の中でも寿命が長いオウム、寿命や飼い方、注意点を解説

ペットとして鳥を飼う方も多いですが、中には寿命が長い鳥もいるため、飼う前に知っておく必要があります。...

インコに多い卵詰まりとは。疑われる症状と予防の方法について

インコに卵ができたと思ったのになかなか産まない。こんな時は卵詰まりではないかと心配になりますよね。イ...

インコに多い精巣腫瘍。症状の特徴と、病気と向き合う過ごし方

精巣腫瘍はインコに多い病気のひとつです。気づいた時にはかなり進行していることもあり、治療はとても困難...

スポンサーリンク

インコのヒーターのつけっぱなしで気になる火災について

人が寒いと感じる、冬は、インコにとっても、肌寒く、私達がストーブや暖房を使って、寒い冬を乗り越えるように、インコもヒーターを使って、体を温め、春を待ちます。

ストーブとか、ペット用のヒーターとか使うと、気になるのは火災。

神経質な方ほど、ヒーターつけっぱなしが原因で、火事なんて起きないかな?心配ですよね?火事になりやすいのなら、そうならないように、予防対策をとる必要もありますから。

ヒーターで火災になること。

あなたが心配しているような、火事になることは、ヒーターでありません。ヒーターをつけっぱなしで火事になるというよりは、インコがヒーターのコードをかじって、それが原因でインコに電気が走りますし、インコがかじった箇所から、放電し、火災になることもあります。

ヒーターをつけっぱなしで、火災になるというよりは、インコがしでかす、コードを噛むという行為を予防して、火災を予防した方が早いです。つけっぱなしで火災になることはあまり気にしなくてもいいと思います。

インコのヒーターのつけっぱなしで、最も注意すべき点

冬の時期にインコを寒さから守ろうと、ヒーターを使用することは間違ってはいません。大体の場合、飼い主はインコを寒さから守るためにヒーターを使用しますから。

ヒーターを使用したら、火災になるかもしれない、そんな心配は要りません。

どちらかというと、ヒーターを使うことにより、インコが少しやけどをするかもしれない。ヒーターを使用する時は、その点に注意した方がいいと思います。

ヒーターをケージの内側に置くとインコがヒーターに直接触れやすい

やけどはしやすくなります。ヒーターをケージの内側に置く時は、なんらかの予防対策が必要になります。インコがヒーターにふれることが原因で火災になることはないと思いますが、インコの皮膚は痛みます。気づいた時点で水で処置すれば、それでやけどの処置はできます。やけどをさせないようにするために、ヒーターの上を直接インコが歩かないようにおもちゃを置いたり、工夫をして下さい。もしくは、ヒーターをケージの外に出して、インコがやけどをしないようにして下さい。また、熱いところにずっといると、インコも体から水分を失うことになります。その点にも注意して、ヒーターを使うようにして下さい。

インコの低温やけどや脱水症状をふせぐためには

ヒーターを使うと、どうしてもインコが触れている部分は、インコはやけどをしやすくなります。また、熱い場所に長時間いればいるほど、インコの体内から水分が出ていき、脱水症状が出やすくなります。

ヒーターについているタイマーを使う

時間になったら、ヒーターの温度が下がる、もしくは、0になる。そのようにして、インコが必要以上、熱さにさらさない方法になります。

旅行に行く際、寒い時期だと、インコの体調も気になりますよね。一泊くらいであれば、タイマーを使って、インコが必要以上にヒーターの熱さにさらされないようにして下さい。

ヒーターもあまり当ててしまうと、インコが息苦しくなり、あなたが帰ってきた時には、ゆでダコ状態になっているかもしれません。それを避けるためにも、タイマーを使って、調節をしてあげて下さい。

インコのヒーターのつけっぱなし、気になる電気代について

インコを寒さから守るためにヒーターをつけていてもいいんです。つけっぱなしだけが原因で火事になることはありません。でも、インコを飼っていて、ヒーターを使用している方は、それが発端で、電気代はどのくらいかかるのかも気になりますよね。

毎月の電気量を見て、「え、今月は高い」と感じてその原因がヒーターが原因だったら、たまったものじゃありません。

セキセイインコや文鳥の場合は、大体月に130円くらい

それがハムスターになると60円になります。両方とも、あまりかからない料金だとは思います。

これからインコの冬越しにヒーターを使用しようと思っている方は、月に大体そのくらいの電気の使用量になります。今後の目安にして下さい。

ヒーターでのやけどが心配な場合はカバーをつけるのがおすすめ

ヒーターを使用すると、上記でも少し説明していますが、インコはやけどをしやすくなります。ヒーターの上に乗ったり、触ったりすると、ヒーターも熱いので、やけどをしてしまいます。そうさせないようにするのに、おもちゃを置いたり、小さなカーペットを置いたりしますが、ずれたりして、どうしてもやけどをしてしまう場合もあると思います。

ヒーターにカバーをつけてやけど防止する

気になるのなら、ヒーターに備えずけのカバーをつけて、インコがやけどをしないようにして下さい。あまり気にならない方はいいかもしれませんが、インコはヒーターに触れるとどうしてもやけどはしやすくなります。そのリスクを考えて、カバーは取り付けるべきだと思います。

インコが冬の寒い時期の寒さに耐えるには、ヒーターを使用します。でも、そうすると、火事が心配です。ヒーターのつけっぱなしだけでは火事にはならないので、その点は心配しなくてもいいと思います。でも、コードをかじったりして、インコに電気が走ることがあります。火災というよりは、インコに電気が走らないようにすること、また、ヒーターにカバーをつけて、インコにやけどをしないように気をつけて下さい。2次的な災害からインコを守ってあげて下さい。