キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

セキセイインコの雛の鳴き声から気持ちがわかる方法

セキセイインコを雛から育てているという方も多いと思います。インコを飼い始めて思うことが、鳴き声にはいろいろな鳴き方がある、ということではないでしょうか?実際に飼い始めると、いろいろな声で鳴くインコに、「この鳴き方にはどんな気持ちが隠れているんだろう」とインコの気持ちを知りたくなってしまいます。
そこで、セキセインコの雛が鳴く時の気持ちをご紹介します。成長すると、もっといろいろな声が出せるようになります。鳴き声で気持ちがわかると、もっとコミュニケーションも取りやすくなります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セキセイインコの成鳥が人を怖がる場合の接し方と懐かせる方法

セキセイインコは人によく懐くイメージがあります。ところが、これは人間によってヒナから育てられた場合の...

セキセイインコの産卵。卵ができたら気をつけておきたいこと

セキセイインコのお腹に卵があることに気づいたら、いつ産卵するのか、産卵した後はどうしたらよいのかいろ...

セキセイインコを飼ってみたいけれど、鳴き声の大きさが心配

美しい羽を持ち仕草もかわいいセキセイインコ。飼育も難しくないと聞くと飼ってみたくなりますよね。小さい...

セキセイインコのさえずりはご機嫌な証。ラブコールでもあります

セキセイインコがさえずりをはじめるのは気分が良くて楽しいときです。鼻歌のようでもあり、真剣に歌ってい...

セキセイインコの気になる足の症状と病気について

セキセイインコは素早く飛べるだけでなく、足は握る力が強くてとても器用です。床の上を早く走ったり、止ま...

セキセイインコが水浴びした後の乾かす方法と注意点

セキセイインコのストレス解消として水浴びをさせた後は、濡れた羽を乾かすことが大切です。水浴びが原...

黄色いセキセイインコのルチノー。オスが少ない品種でもあります

黄色い羽と赤い目が特徴のセキセイインコのルチノー。人工的に作り出された品種のため野生には存在しません...

セキセイインコのメスが吐くのは病気?心配な吐き方と吐き戻し

いつも元気なセキセイインコが吐いている様子を見たら、飼い主は気が気ではありませんよね。オスなら吐き戻...

セキセイインコの食事をシードをペレットに切り替える方法

セキセイインコの食事はシードが主流でしたが、栄養面からペレットに切り替える方が増えてきています。...

セキセイインコレインボーの雛の特徴や性別の見分け方、飼い方

セキセイインコの種類のひとつにレインボーがあります。今回はその雛をこれから育てたいという方に向け...

セキセイインコのハルクインの特徴と、飼うときに必要なもの

セキセイインコは羽の色や模様が様々で、品種がとても豊富です。なかでも人気が高いのがハルクインです...

セキセイインコのくちばしの仕草でわかることがたくさんあります

セキセイインコがいるだけで毎日の生活がとても賑やかになります。朝から寝るまで鳴き声をあげたりケージの...

インコの水浴びにおすすめの容器のタイプといろいろな水浴び方法

インコは水浴びが好きな子もいれば、水浴びをしないという子もいます。水遊びが大好きな子には、どのような...

セキセイインコは発情しやすい。発情の原因と防ぎ方について

飼っているセキセイインコが何度も発情していて頭を悩ませている人も多いでしょう。セキセイインコは人によ...

セキセイインコの飼育には適温が大切。季節感も上手に取り入れて

セキセイインコを飼育するときに大切なのが温度管理です。ケージの中を適温にしたくても、セキセイイン...

スポンサーリンク

セキセイインコの雛の鳴き声の違いは感情の表れ

まだ言葉が話せない赤ちゃんを育てている時には、赤ちゃんの泣き方はその意味によって違うので、お腹がすいた、眠い、おむつが汚れている、などを赤ちゃんの泣き声の聞こえ方で気持ちを読み取りますよね。

同じようにセキセイインコも話ができませんし、コミュニケーションが取れる成鳥と違って、雛の気持ちは鳴き声で読み取ってあげなければなりません。セキセイインコの雛もお腹がすいた、構ってほしい、寒いなどで鳴き方がその意味によって違っているので、鳴き声をよく聞いてみるとだんだんと気持ちが読み取れるようになりますよ。

毎日ご飯をくれて、お世話をしてくれる飼い主さんのことを雛は分かっているので、飼い主さんに一生懸命鳴いて何かを訴えています。

セキセイインコの雛のジージー低い鳴き声の気持ちは

セキセイインコの雛が鳴いているときは、まずは手をそっと近づけてみましょう。

大きな声で鳴きながらくちばしを当ててくるときは、おなかがすいているのかもしれません。
餌をあげたばかりだったとしても、ご飯が足りないよ、と言っているのではないでしょうか。
完全に食べなくなるまで餌をあげてみてください。

低い声でジージー鳴いているような時には、何か警戒していたりストレスになるようなことがありそうです。

セキセイインコの体温は人間よりも高く、約40度です。
人間にとっては寒くなくても、雛は体温調節がまだ充分にできないので、お部屋が寒くないか確認し、寒い場合にはヒーターで30度くらいに温めてあげましょう。
反対に暑い時には、羽を広げて口を開けます。

鳴き声がいつもより小さく元気がない時には、体調が良くないのかもしれません。
ヒーターで暖かくして様子を見ても良くならない時には、早めに獣医さんに診察してもらいましょう。

セキセイインコも雛から成鳥になると鳴き声はもっと多彩に

人の赤ちゃんが成長とともに言葉をたくさん話すことができるようになるのと同じで、セキセイインコも成鳥になると雛の頃にはできなかったいろいろな鳴き声で鳴くことができるようになります。

セキセイインコもその時の気分や飼い主に何かをしてほしい時にいろいろな声で鳴くので、よく耳にする鳴き声をいくつかご紹介します。

  • 飼い主と遊んでいるときなどの構ってもらっている最中に甘えたように「ピュロロロピュロロロ」と鳴くことがよくあり、飼い主と遊んでいて楽しいのでもっと遊ぼうよなどと甘えています。
  • 飼い主の姿が見えなくなって寂しかったり、何か不安を感じることがあった時には「ピッ」と一言鳴くことがあり、臆病な子が多いセキセイインコにはよく聞く鳴き声です。
  • 遊んでいる時の「チッチッチッチッ」と聞こえる鳴き声は楽しくて興奮してしまって思わず出てしまう声なので、楽しんでくれているのはこちらも嬉しいのでそのまま遊んであげてください。
  • 飼い主が楽しそうに笑っていると真似をしたように「クククッ」と鳴くことがあり、セキセイインコも楽しそうな飼い主につられて笑ってしまったり、笑っている飼い主の真似をして鳴いています。

セキセイインコの気になるこんな鳴き声の時には

あまり聞くことはないかもしれませんが、たまに聞くと飼い主が驚いてしまうような鳴き声もあるのでご紹介します。

「ギャギャギャ」と大きな声で鳴く時には怒っていたり警戒心が強く表れているときなので、機嫌が悪くなってしまった原因を探して取り除いてあげましょう。
人間の独り言のように「ゴニョゴニョ」鳴いているような時には、セキセイインコも独り言をつい言ってしまっています。
独り言を話しているときは気分が落ち着いている証拠なので、かわいいなあと優しい気持ちで見守りましょう。

眠くなった子供がなんだかよくわからないことを小さな声で言うことがありますが、セキセイインコも同じように眠くてたまらない時に「ゴニョゴニョ」鳴く時があります。
カバーを掛けて、眠りやすい状態にしてあげてください。

人間のくしゃみと似たような音で「プシュッ」と聞こえた時は、インコもくしゃみをしています。
鼻にごみが付いたり炎症を起こしていると、くしゃみが出ます。
鼻水が出ている時にはなにか病気の可能性もあるので、念のため獣医さんに診察してもらいましょう。

セキセイインコの多すぎる呼び鳴きの対処法

セキセイインコはよく、大好きな飼い主さんに構ってもらいたくて、呼び鳴きをします。

昼間であれば、なあに?と返事をしたり構ってあげられるのですが、夜に大きな声で鳴かれると眠れませんし、鳥の高い鳴き声は響くので近所迷惑になっているのではないか心配になってしまい、飼い主さんにとって大きなストレスになってしまいます。

呼び鳴きをさせないためにしつけをする必要がありますが、その時には飼い主さんもぐっと気持ちを抑えるように我慢しましょう。

  • ひとつは、呼び鳴きされてもすぐには構わず、放っておきます。
    可哀そうな気もしますが飼い主さんも気持ちを鬼にして我慢です。
    鳴きやんだらセキセイインコにおやつをあげたり、たくさん褒めてあげます。
    根気よく続けることで、鳴きやんだら褒めてもらえる、かまってもらえると学んでくれます。
  • もうひとつは、夜や朝早くに鳴かないように光を通しにくい厚めのカバーや布をかけて、しっかり寝かせることです。
    飼い主さんが起きた時にカバーを外して朝が来たとわかってくれます。