キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

セキセイインコのくちばしは手入れが必要?長く伸びている場合

セキセイインコのくちばしが長く伸びていると感じたときはどうしたらよいのでしょうか。くちばしも日々少しずつ伸び続けてはいますが、爪のように飼い主がカットして手入れをすることはありません。くちばしが長く伸びている場合は何か問題があるはずです。セキセイインコの飼育環境を見直すことで改善することもありますが、病気が原因の場合もあります。くちばしが伸びる原因を見つけて対処し、健康的なくちばしをキープしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セキセイインコの羽根が生え変わる時期と換羽で注意したいこと

セキセイインコの羽根がチラチラ抜けていたら換羽の始まりです。主に季節の変わり目に換羽のタイミングを迎...

セキセイインコは爪切りが必要?タイミングや注意点を紹介

セキセイインコも動物なので当然爪は伸びていきます。では、セキセイインコも爪切りをする必要があるの...

セキセイインコのメスが吐くのは病気?心配な吐き方と吐き戻し

いつも元気なセキセイインコが吐いている様子を見たら、飼い主は気が気ではありませんよね。オスなら吐き戻...

セキセイインコの爪切り方法!目安と頻度・実際の手順を解説

セキセイインコを飼育している人の中には、セキセイインコの爪切り方法がわからない人もいるのではないでし...

No Image

真っ白なセキセイインコのアルビノ。特徴と飼い方について

全身が真っ白のセキセイインコはアルビノという品種です。アルビノはメラニン色素を持たないため羽が白くな...

セキセイインコの雛を迎えたら。雛に必要な物と飼い方について

ペットショップを覗くとセキセイインコの雛がたくさんいて、そのかわいさに虜になることがありますよね。重...

セキセイインコの発情行動の吐き戻しはメスもすることがあります

セキセイインコが発情しているときの行動のひとつに吐き戻しがあります。オスにお決まりの求愛行動です...

セキセイインコのオスも体重管理が大切。肥満にさせないために

セキセイインコも犬や猫、人間と同じく体重管理が必要です。普段の体重を知っておくと、体重の増減によって...

セキセイインコのメスの特徴と飼育の上で気をつけたいこと

セキセイインコは性別によって特徴があり、性格にも違いがあります。ヒナから大切に育てているセキセイ...

セキセイインコのろう膜の変化。性別の見分け方と注意したい病気

セキセイインコのろう膜は性別を見分ける決め手となる部分です。雛のうちは性別に関係なくみんな同じ色のた...

セキセイインコも怒ることがあります。怒る理由と接し方について

甘えん坊で飼い主にべったりのセキセイインコが急によそよそしくなったり指を噛んで攻撃してきたら、何か気...

セキセイインコの呼吸が荒いときに考えられる原因について

セキセイインコの呼吸はとても静かです。吸ったり吐いたりする息づかいが気になることはありせん。また、普...

セキセイインコのくちばしの仕草でわかることがたくさんあります

セキセイインコがいるだけで毎日の生活がとても賑やかになります。朝から寝るまで鳴き声をあげたりケージの...

セキセイインコにも相性があります。もう一羽迎えたい時の注意点

セキセイインコを飼っていると、そのかわいらしさからもっとセキセイインコを増やしたいと思う人もいるでし...

セキセイインコのアルビノの寿命や特徴、飼い方のコツについて

全身が真っ白の羽のセキセイインコがいます。アルビノという品種で、本来あるはずの色素が欠如しているため...

スポンサーリンク

セキセイインコのくちばしは日々伸びているけれど、カットする必要がない理由

セキセイインコのくちばしは常に同じ長さ、同じ形をしています。くちばしが長くなっていたら不思議に思う人もいるでしょう。

くちばしは爪のように日々少しずつ伸び続けている

長く伸びすぎてしまった場合は爪と同じく削ったりカットするべきか迷いますよね。

通常であればセキセイインコのくちばしが長く伸びてしまうことはありません

セキセイインコのくちばしは食べたり飲んだりするだけでなく、羽の手入れをしたり、物をつかんで移動させたい時やケージの網を移動する時、攻撃する時など、いろいろな場面で使っています。

日常生活でくちばしを使っているうちに少しずつ削れ、丁度よい長さを保ち続けています。

主食である固い殻の種子やボレー粉などセキセイインコの食べ物は固さのあるものが多く、初めて見る物はまずくちばしでつっついて確かめてみるなど日常的にくちばしをよく使っています。かじって遊ぶことも大好きで、遊んでいるだけで自然にくちばしが削れていきます。また、くちばしをこすり合わせて自分で手入れもしています。

セキセイインコのくちばしが伸びすぎてしまうと餌を食べにくくなるだけでなく、セキセイインコの日常生活に様々な影響を及ぼすことにもなります。

長く伸びている場合は飼い主が削ったりカットはしないでください。くちばしは先端の方まで神経や血管が通っているため気軽にカットすることはできません。血管を傷つけて出血させてしまうことにもなりますし、セキセイインコに強い傷みを与えることになってしまいます。

セキセイインコのくちばしが伸びてしまう原因とは

セキセイインコのくちばしが長く伸びてしまうのには原因があります。伸びたら切れば良いというわけではありません。

原因を見つけて対処することが大切です。

くちばしが削れる機会がない

日常生活のなかでくちばしを使う機会が少ないと、くちばしは削れることがないため少しずつ長くなっていきます。飼育環境に問題があるので見直す必要があります。

セキセイインコ自身がくちばしをあまり使わないことも考えられます。

かじることをしない、手入れもしようとしない場合なら、削れるよりも伸びるペースの方が早くなるため、くちばしが少しずつ長くなっていきます。かじることはセキセイインコのストレス発散にもなります。かじりたいという気持ちになるような工夫をしてみましょう。

病気が原因でくちばしが伸びてしまうことがある

病気が疑われる場合はすぐに病院で診てもらう必要があります。元気がない、食欲が落ちている、又はくちばしがカサカサになっているなど他にも気になる症状があるのなら、まずは病院へ連れて行ってください。

セキセイインコの飼育環境を見直してみる

セキセイインコらしい生活をおくることでくちばしは少しずつ削れていくはずです。くちばしが伸びてしまうのは、かじることができない状況が考えられます。

餌はむき餌を与えているのなら殻付きに変えてください

殻をむくことでくちばしは削れていきます。

むき餌は殻が飛び散らなくて掃除が簡単になりますが、セキセイインコにとっては殻をむく楽しみがあり、ストレスを発散することにもなります。むき餌よりも殻付きの方が栄養価が高いので健康面から考えても殻付きの餌をおすすめします。

止まり木やケージ選びも大切

プラスチック製の止まり木やケージではくちばしを使う機会が少なくなります。木製の止まり木ならくちばしをこすりつけたり、かじったりすることもできますが、プラスチック製ではかじる気持ちにもならないでしょう。健康面から考えてもプラスチック製よりは自然に近い素材を選ぶようにしてください。

できれば自然木の止まり木をおすすめします。表面がザラザラ、ゴツゴツしていることでかじって遊ぶ楽しみができたり、爪の伸びるのも抑えることができます。

ケージを金網のケージにすると、ケージの中で飛んで金網に止まったり、くちばしや足を使って金網を移動して遊ぶことができます。くちばしを使う機会が増えるだけでなく、ケージの中での運動量が増えて活発に過ごすことにもつながります。

おもちゃやブランコも見直してみましょう

鳥を形どったかわいいプラスチック製おもちゃや鏡がついたブランコなども魅力的ですが、木やコルクなどかじることができる素材から作られたおもちゃも用意してください。かじって遊ぶことを目的にした鳥専用のおもちゃも市販されています。セキセイインコの周りにかじることができる素材を増やすことで、かじる機会を与えて自然にくちばしが削られていくようにしてみましょう。

セキセイインコ自身がくちばしの手入れをしようとしない場合

セキセイインコ自身がくちばしをあまり使おうとしないこともあります。性格や癖といったことも影響しますが、高齢になったためかじることが減り、そのためくちばしが削れるよりも伸びるペースの方が早くなり、少しずつ長くなってしまうこともあります。警戒心が強くて臆病な性格だと、知らない物には近寄らず興味も示さないため、静かに過ごすことが多くなります。そのため、かじる機会が少なくなってしまいます。

セキセイインコにかじりたいという気持ちにさせる工夫が必要

かじって遊べるおもちゃを用意して、一緒に遊んでみましょう。怖がって近寄らない場合は慣れるまで時間をかけることも必要です。大きな物よりは小さなサイズを用意して、常に視界に入るところに置いておくとそのうち慣れてきます。くちばしを使って遊んでいるだけでも、少しずつくちばしは削れていきます。

塩土やカットルボーンなどの固い食べ物を用意するのも良いですが、夢中になってかじっていることで食べすぎてしまう恐れがあります。特に塩土は嗜好性が高く、食べ過ぎることで健康障害が心配です。与える場合は時間を決めて、しっかり管理をした上で与えるようにしてください。

かじることが少なく自分で手入れをしない場合であっても、飼い主がくちばしを削ったりカットしたりはしないようにしてください。長く伸びていて心配な場合は鳥に詳しい動物病院へ連れていき、処置していもらいましょう。

病気が原因でくちばしが伸びることもあります

くちばしが伸びていくのが病気によるものという場合もありますくちばしに症状が出るのは肝臓に問題があるのかもしれません。くちばしの伸びた部分が枯れ枝のような感じになったり、くちばしに出血斑と言われる黒いあざのようなものが出ることもあります。肝臓疾患の場合はくちばしに症状が出ることがあります。

くちばしの表面がカサカサになっている場合は疥癬症が疑われます。くちばしの他にろう膜やまぶた、足も症状が出やすい部分です。白っぽくカサカサとなり、次第に厚みを増してかさぶたようになります。疥癬症はダニが寄生することで発症しますので、病院でダニを駆除する治療を受ける必要があります。放っておくとくちばしがどんどん伸びていき、餌を食べることもできなくなってしまいます。

栄養障害によってくちばしが伸びることもあります。栄養バランスが悪いことが原因のため、やはり獣医に相談してセキセイインコの食事の指導を受けることをおすすめします。

セキセイインコのくちばしが長く伸びている場合は病気を確認し、健康状態に問題がなければ飼育環境を見直してみることで改善できます。セキセイインコらしい生活を過ごせるように、くちばしをたくさん使う機会を作ってあげてくださいね。