キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

セキセイインコの産卵。卵ができたら気をつけておきたいこと

セキセイインコのお腹に卵があることに気づいたら、いつ産卵するのか、産卵した後はどうしたらよいのかいろいろ心配になることでしょう。セキセイインコは卵詰まりになることも多いと聞きます。スムーズに産卵するために飼い主としてできる限りの手助けをしたいと考えますよね。セキセイインコが産卵するときの様子や産卵した後で気をつけたいことなどをお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

セキセイインコは爪切りが必要?タイミングや注意点を紹介

セキセイインコも動物なので当然爪は伸びていきます。では、セキセイインコも爪切りをする必要があるの...

水色のセキセイインコを飼いたい!人気の品種をご紹介します

セキセイインコはカラーがとても豊富ですが、なかでも水色はとても人気があります。すっきり晴れた空の...

セキセイインコの羽根が生え変わる時期と換羽で注意したいこと

セキセイインコの羽根がチラチラ抜けていたら換羽の始まりです。主に季節の変わり目に換羽のタイミングを迎...

カラーや模様に違いがあるセキセイインコの品種について紹介

セキセイインコには様々なカラーや模様の違いがありますよね。そのバリエーションはなんと5,000ほども...

カラーが豊富なセキセイインコ。青色を飼いたいときの選び方

カラーが豊富なセキセイインコ。飼うときはどんな色にしようかと選ぶことも楽しみのひとつです。幸せを運ん...

セキセイインコが水を飲んでいないのは問題?水を飲ませる方法

セキセイインコに毎日きれいな水を与えるのは飼育の基本です。ですが、セキセイインコが水を飲んでいる...

セキセイインコがかかる疥癬症の症状と原因、治療について

セキセイインコに多い病気のひとつに疥癬症があります。症状は見た目にあらわれるので、日々気をつけて...

セキセイインコの声がうるさいと感じたときの対策について

セキセイインコは人懐こくてフレンドリー、小さいので広いスペースも必要としないため飼いやすいと言われて...

セキセイインコの気になる足の症状と病気について

セキセイインコは素早く飛べるだけでなく、足は握る力が強くてとても器用です。床の上を早く走ったり、止ま...

セキセイインコの羽の生えかわり。換羽の仕組みと注意したいこと

セキセイインコの羽は日々抜けていますが、一度にたくさんの羽が抜ける換羽の時期があります。換羽はセ...

セキセイインコの気持ちは鳴き声や仕草からよくわかります

セキセイインコは喜怒哀楽がはっきりしている鳥。鳴き声やちょっとした仕草からセキセイインコの気持ち...

セキセイインコが過ごしやすい最適な温度と保温の仕方について

セキセイインコは寒さに弱いところがあるので温度管理がとても重要です。セキセイインコにとって過ごしやす...

セキセイインコが小さいままで心配。適正体重と体調管理について

ヒナから大切に育ててきたセキセイインコ。成鳥になったのに小さいままだと心配になりますよね。標準体重に...

セキセイインコのそのう炎の症状とは。原因を知れば予防もできる

セキセイインコに嘔吐や下痢の症状がみられた時に疑われるのがそのう炎です。そのう炎は鳥にあるそのうとい...

セキセイインコの散歩は室内で。毎日放鳥して運動させましょう

天気が良い日の散歩はとても気持ちが良いものです。犬を散歩させている人を見ると、家でお留守番中のセ...

スポンサーリンク

セキセイインコが産卵するときの様子について

セキセイインコのメスが発情期になると気になるのが卵です。

セキセイインコはメス一羽だけ飼っている場合でも卵ができます。

オスと交尾をせずにできた卵は無精卵のため、ヒナがかえることはありません。

それでも卵を何個も産み、一生懸命にあたため始めます。けなげな様子ですが、飼い主としてはお腹にできた卵を産卵するまでは落ち着きませんよね。

セキセイインコに卵ができるとお腹のあたりがふっくらとします。卵が入っている分、体重もいつもより増えますし、膨らんだお腹を指で触ってみるとコロンとした丸い卵を確認することができます。便が通常の数倍の大きになります。

お腹に卵があることがわかったら、その日のうち、または翌日には産卵をします。鳥は簡単に卵を産むようなイメージがありますが、決してそのようなことはありません。セキセイインコにとっても産卵はとても苦しくつらいものです。

セキセイインコに落ち着きがなくなってきたら、いよいよ産卵のはじまりです。最初のうちは止まり木を行ったり来たり、ケージの下に降りたかと思ったらまたすぐ上がることを繰り返したりします。そのうちケージの下の隅で卵を出そうといきみ始めます。
なかには止まり木の上から卵を産み落としたり、ケージから出て飼い主の手の上や服の中に潜り込んで産卵することもあります。つらそうな声を上げて産む様子から、セキセイインコであってもお産は大変であることがわかるでしょう。

セキセイインコの産卵のペースと卵の数

セキセイインコが1個卵を産むと、その後は1日おきに産卵をし続けます。

全部で5~6個の卵を産みます。ですが、1個しか産まないこともありますし7個以上産むこともあり、産卵にも個体により差があります。数日間産卵せずに落ち着いたとわかるまでは慎重に見守るようにしましょう。

産卵した後はその卵が無精卵であってもあたため始めます。

なかには卵が2個以上になってから抱卵を始めるセキセイインコもいます。

卵を抱かないで放置している場合でも、卵は取り上げずにそのままにしておいてください。卵がある程度の数になるまでは産卵をし続けようとします。7回8回と繰り返すことは大変危険なことです。産卵はかなりの体力を使い、体内の栄養やカルシウムがどんどん奪われていくため、産卵を繰り返すことでセキセイインコが衰弱をしていきます。

卵にヒビが入っていたり割れてしまった場合は取り除き、その代わり疑卵を入れておきましょう。

疑卵はペットショップなどで購入することができます。産卵をストップさせたい時にも使うことができます。ただし、セキセイインコによっては本物と疑卵をしっかり見分け、疑卵をよけてしまう場合もあります。小さなヒビくらいなら捨てずにとっておいて、擬卵をよけてしまう場合はまた元に戻してそのままあたためさせた方が良いでしょう。

セキセイインコの産卵で気をつけたいこと

セキセイインコに卵ができてしまったら、無事に産ませることに力を入れましょう。

セキセイインコにも多いと言われる卵詰まりだけは避けたいところです。

卵の殻はカルシウムで作られるため、卵ができるときにセキセイインコの体内のカルシウムがどんどん使われてしまいます。セキセイインコがカルシウム不足になる心配もありますが、卵の殻がしっかり作られないことでスムーズに卵が出てこない恐れもあります。

卵ができたらカルシウムをしっかり与えてください。セキセイインコ自身もいつもより多く食べようとします。ボレー粉やカトルボーンを欠かさないようにし、更にカルシウムのサプリメントも使うと良いでしょう。

カルシウムを体内に取り入れるためには日光浴も必要です。日光浴をすることで体内にビタミンDが作られ、カルシウムを吸収しやすくなります。
日光浴は窓越しではあまり意味がありません。窓を開けて直接太陽の光を浴びさせるか、ケージをベランダに出して日光浴させましょう。1日20分程度で十分ですが、寒い日や風が強い日以外はできるだけ毎日日光浴をさせてください。
セキセイインコがいるケージを外に出すわけですから、ケージの扉がしっかり閉まっていることを確認し、カラスや猫など外敵に狙われたりしないようにセキセイインコの側についていてください。

卵ができたとわかったらケージの中や室内の温度をいつもより高くしてください。暖かい方が産卵しやすくなります。静かで落ち着いた環境に整えることも大切です。不安を感じたり落ち着けない場所ではストレスから産卵ができなくなることもあります。

セキセイインコがなかなか産卵しないとき

セキセイインコのお腹の中に卵があることがわかったのに、なかなか産卵する様子がないときは卵詰まりかもしれません。

卵詰まりの症状

  • 羽を膨らませて動かない
  • 食欲がない
  • 便が少ない、便を出していない
  • 力んでいる様子が見られるのに卵が出てこない
  • 床でうずくまる

卵詰まりの症状が見られた場合、もしくは卵を確認してから24時間以上たっても産まないときは病院へ連れて行ってください。
病院では産卵を促すための注射をしたり、自力で産卵できないような場合はお腹を圧迫して卵を押し出します。
セキセイインコに体調が悪そうな様子が見られない場合でも、突然ショック状態になることもあります。卵詰まりは命を脅かす大変な状態だと理解して、早めに対処することが大切です。

有精卵の場合は孵化するのを楽しみに待ちましょう

オスとつがいで飼っている場合なら有精卵なのでヒナがかえります。

普段はオスとメスの仲が良くないという場合でも発情期になると交尾をすることもあります。飼い主さんが見ていないところで交尾をしている可能性もあります。有精卵であれば、ヒナの誕生を楽しみに待ちましょう。

セキセイインコが卵をあたため、子育てしやすい環境を整えてください。巣箱を用意したり、かごやボックスなどをケージの底の片隅に置いて、その中に卵を入れてください。ケージの上からタオルなどを掛けて薄暗くすると、落ち着いて抱卵することができます。

卵が孵化するのは抱卵をはじめてからおよそ20日前後です。

いつヒナがかえっても良いように、メスが卵をあたためている場所を保温してください。ヒナのいる場所が30度前後になるようにします。

ヒナがかえると小さな鳴き声が聞こえてきます。親鳥がヒナに餌を与えるため、いつもよりたくさん食べるようになります。餌はバランス良く十分な量を用意しておきましょう。
ヒナを手乗りにしたいのなら、孵化してから2~3週間を目処に親元から離します。今度は飼い主が親鳥に代わってヒナに餌を与え、育てることになります。その時までヒナのための飼育道具を揃えておいてください。ヒナは一日数回のさし餌が必要です。飼い主さんも忙しくなりますが、人によくなつくかわいいセキセイインコに育て上げてくださいね。