キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

オカメインコの寿命は14年以上?オカメインコの育て方

オカメインコの平均寿命は14年以上だそうです。意外にも長生きなオカメインコですが、大切に育てれば20年、30年と生きることもあるのだとか。

では、どのようにオカメインコを飼えば長生きしてくれるのでしょうか。

もちろん、個体差はありますが一生懸命お世話をすればきっとその気持ちはオカメインコに伝わるはずです。オカメインコの寿命や育て方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オカメインコの寿命と長生きしてもらうための飼育のポイント

頬の丸い模様がかわいいオカメインコ。人懐っこくて穏やかな性格から飼育のしやすさでも人気のあるインコで...

オカメインコの雛の性別を見分けるには?雛の育て方とコツ

オカメインコの雛を迎える時、オスを飼いたい、メスがいいと、性別で選びたいという方もいると思います。...

オカメインコの鳴き声対策!トラブルを避けるためのポイント

オカメインコは鳴き声が大きい鳥です。なので、オカメインコを飼育する際は鳴き声の対策をすることをおすす...

オカメインコ飼育に必要なケージの大きさと選び方のポイント

オカメインコを飼育するとなると、その尾羽の長さからケージはどのくらいの大きさにすればいいのか悩んでし...

オカメインコの寿命の平均とは?オカメインコの特徴について

オカメインコの寿命はどのくらいなのでしょうか。平均はだいたい◯年と言われています。他の鳥と比べると、...

オカメインコの餌の切り替え方とは?一人餌にするポイント

オカメインコの餌の切り替えはどのようにして行えばいいのでしょうか?餌の切り替えのタイミングや...

オカメインコの鳴き声はうるさい?オスの鳴き声とオス鳴

オカメインコのオスの鳴き声はうるさいという話を聞きますが、どんな鳴き声でどのくらいの音量なのでしょう...

オカメインコの雛が餌食べない原因と対処法!与え方のポイント

オカメインコの雛をお迎えしたけど、家で挿し餌食べないと飼い主は心配になります。しかし、これはお迎...

オカメインコの雛の育て方は難しい!注意点と雛の選び方について

オカメインコは育てやすいと言われていますが、雛の場合は難しいと言われています。しかし、注意す...

オカメインコの鳴き声が変?オカメインコの感情と鳴き声について

オカメインコを飼育していると、様々な鳴き声を聞くことができます。ときにはいつもと違う鳴き声に変?と感...

オカメインコの気持ちがわかる鳴き声の種類をご紹介します

オカメインコはいろいろな鳴き方をしますよね。一緒に過ごしているうちに、オカメインコの鳴き声は気持ちを...

オカメインコの飼い方、餌の種類やあげかたについてご紹介

オカメインコはほっぺにお化粧をしたような配色、またピンとたった頭の毛も特徴的で、可愛らしい見た目が人...

オカメインコの鳴き声「ジージー」はどんな気持ち?鳴く理由

オカメインコがジージーと鳴き声を出すときには、どんな気持ちのときなのでしょうか。大きい声でジージ...

オカメインコの鳴き声からわかる気持ち。鳴き方の種類と理由

オカメインコの鳴き声には、いろいろな鳴き方があります。この鳴き声には、どのような気持ちが隠れているの...

オカメインコの雛の挿し餌【量・回数・やり方・注意点】について

オカメインコの雛には挿し餌が必要です。ですが、初めてあげる挿し餌はうまくいかないことや、わからないこ...

スポンサーリンク

オカメインコの寿命はだいたい14年と言われています

オカメインコというとその名の通り、赤い頬が印象的です。
他のインコにはない愛らしさを感じますね。

愛らしいオカメインコの寿命はおおよそ14年ほど

セキセイインコの寿命がだいたい5~8年ほどなので、オカメインコの寿命は長いことがわかります。

14年ほどの寿命だと、犬や猫の寿命ともそれほど変わりません。
たくさんの時間を家族の一員として過ごせそうですね。

これはあくまでもだいたいの寿命なので、飼育環境によってはその寿命を短くすることも、逆に長くすることもあります。

実際にギネスに認定されているオカメインコの寿命は、2017年時点で32年です。
平均寿命として紹介している年数よりも、倍以上も生きていたとは驚きです。

オカメインコの寿命を全う出来るために、飼い主としてどんなことが出来るのでしょうか。

寿命を14年以上生きるようにするには?オカメインコの育て方

可愛いオカメインコが14年以上生きられるために、まずはオカメインコについて理解しておきましょう。

オカメインコという名前があるので、インコだと思っている方がほとんどかと思います。

実はオカメインコはオウムの一種

なのでセキセイインコと比べると、かなりの体格差を感じます。

セキセイインコに比べると大きいので、何となく気が強いのかななんて想像してしまいますが、全然そんなことはありません。

野生の中では集団で生活をしているため、単独行動が苦手です。

オカメインコを一羽で飼っている家庭も多いと思いますが、よく飼い主のことを呼ぶなという印象はありませんか。

これは一羽で生活していると、寂しくて不安な気持ちを感じているからなのです。

とても人懐っこい性格もしているので、寂しさや不安を感じていなくても飼い主を呼び甘えようとすることも見られます。

人間もそうですが、寂しさを我慢することはオカメインコにとってもストレスです。
ストレスを感じることが多いと、やはり寿命にも影響を与えます。オカメインコの呼びかけには応えてあげて下さいね。

寿命を全うするためには健康であることが不可欠

オカメインコは病気だけではなく、怪我で命を落としてしまうケースも多いようです。

オカメインコの臆病な性格ゆえに、通称オカメパニックという症状を引き起こすことがあり、極度に恐怖や驚きを感じたときにケージの中で暴れまわってしまうのです。

このときに大怪我をしてしまうことがあるので、静かに生活させてあげることも大切です。

オカメインコの寿命を伸ばす飼い方

オカメインコの寿命を伸ばすためには、健康を維持してあげることが大前提です。

オカメインコも餌の種類や食べ方によっては、栄養が偏り健康に影響を及ぼすことがある

飼い主として健康を維持するために、オカメインコに必要なバランスを考えながら餌を与えてあげましょう。

主食・副食・おかしに分けて与えると必要な栄養が摂取出来るでしょう。

主食にペレットを与える場合は、副食や青菜に含まれている栄養素も入っているので、ペレットのみを餌として与えて問題ありません。

幼鳥期の栄養バランスが乱れてしまうと、ビタミンB1欠乏症を発症することがある

足に痛みを感じるため、足を使った移動が困難になり、くちばしや羽を使わないと移動することが出来なくなってしまいます。
それだけではなく、さらに進行してしまうと呼吸器や脳にも支障をきたし、最悪の場合は命を落としてしまう病気です。

病気にならずに健康で過ごせることは、そのまま寿命を伸ばすことにも直結します。

オカメインコの寿命が14年よりも長くなるように日光浴も忘れずに

オカメインコに長生きしてもらうためには、餌の他に適度な日光浴も大切です。

日光浴が不足すると起こりやすい症状

ビタミンD欠乏症を発症する可能性があります。

この病気は主に骨に影響を与える病気で、骨が柔らかくなったり、折れやすくなってしまいます。

怪我から命を落とすこともあるので、やはり長生きしてもらうためには注意しなければならない病気の一つです。

メスの場合は、日光浴不足で卵塞を引き起こすこともあります。

本来通り産卵出来ず、卵が卵管や子宮に留まってしまい起こる状態です。

人間の出産で想像したらわかる通り、産まれるはずの卵が詰まっている状態は大きな傷みや苦しみを伴います。

時間が長くなるほど苦痛も大きくなるので、そのまま命を落とすことも考えられます。

苦しそうな仕草を見せたり、食欲が低下するなどの異変も見られますが、全く症状がない個体もいます。
症状がない場合は発見も遅くなり、手遅れになってしまうケースも少なくありません。

異変に気付くためにも、毎日オカメインコの様子をチェックすることは非常に重要なことです。

オカメインコの体調を把握するポイント

オカメインコが健康的に長生きするためには、日々の体調の把握は欠かせません。

毎日オカメインコの様子を見ていれば、体調の変化に気付くことは簡単なように思います。

しかし、オカメインコは野生では敵に狙われやすく、体調の変化を簡単には表に出しません。

多少の体調の悪さなら、表面上では隠していつも通り元気に振る舞います。弱っていることを知られれば、すぐに狙われる対象になってしまいますから。

それは飼い主に対しても同様です。
限界まで弱っている姿を見せないので、異変に気付いたときにはすでに病気が進行していることもよくあります。

少しの異変でも見逃さないため「毎日のオカメインコの様子をチェックする」まずはこれに限ります

体重は毎日量りましょう。

普段から様子をチェックすることに加え、定期的に健康診断を受けることもおすすめです。

専門医の健康診断を定期的に受けておけば、何か病気になったとしても早期発見出来るので回復する可能性も高くなります。

オカメインコからのSOSを見逃さないために、愛情を注ぎ信頼関係を築いていきましょう。