キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

オカメインコの鳴き声「ジージー」はどんな気持ち?鳴く理由

オカメインコがジージーと鳴き声を出すときには、どんな気持ちのときなのでしょうか。
大きい声でジージー鳴きときには、お腹が減っていたり甘えているときに出す鳴き声になります。一定の期間となるので、しばらくは付き合ってあげてください。

では、どのようにして対応したらいいのでしょう。大きい鳴き声を出すときの対処方法や接し方、オカメインコとの遊び方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オカメインコ飼育に必要なケージの大きさと選び方のポイント

オカメインコを飼育するとなると、その尾羽の長さからケージはどのくらいの大きさにすればいいのか悩んでし...

オカメインコの鳴き声対策!トラブルを避けるためのポイント

オカメインコは鳴き声が大きい鳥です。なので、オカメインコを飼育する際は鳴き声の対策をすることをおすす...

オカメインコの雛の性別を見分けるには?雛の育て方とコツ

オカメインコの雛を迎える時、オスを飼いたい、メスがいいと、性別で選びたいという方もいると思います。...

オカメインコの雛が餌食べない原因と対処法!与え方のポイント

オカメインコの雛をお迎えしたけど、家で挿し餌食べないと飼い主は心配になります。しかし、これはお迎...

オカメインコの鳴き声が変?オカメインコの感情と鳴き声について

オカメインコを飼育していると、様々な鳴き声を聞くことができます。ときにはいつもと違う鳴き声に変?と感...

オカメインコの餌にはどんな種類がある?餌について紹介します

オカメインコの餌の種類とは?今まではシードをあげていたけれど、ペレットに変えたほうがいいのでしょうか...

オカメインコの雛の育て方は難しい!注意点と雛の選び方について

オカメインコは育てやすいと言われていますが、雛の場合は難しいと言われています。しかし、注意す...

オカメインコの飼い方、餌の種類やあげかたについてご紹介

オカメインコはほっぺにお化粧をしたような配色、またピンとたった頭の毛も特徴的で、可愛らしい見た目が人...

オカメインコの気持ちがわかる鳴き声の種類をご紹介します

オカメインコはいろいろな鳴き方をしますよね。一緒に過ごしているうちに、オカメインコの鳴き声は気持ちを...

オカメインコの寿命の平均とは?オカメインコの特徴について

オカメインコの寿命はどのくらいなのでしょうか。平均はだいたい◯年と言われています。他の鳥と比べると、...

オカメインコの鳴き声はうるさい?オスの鳴き声とオス鳴

オカメインコのオスの鳴き声はうるさいという話を聞きますが、どんな鳴き声でどのくらいの音量なのでしょう...

オカメインコの寿命と長生きしてもらうための飼育のポイント

頬の丸い模様がかわいいオカメインコ。人懐っこくて穏やかな性格から飼育のしやすさでも人気のあるインコで...

オカメインコの餌の切り替え方とは?一人餌にするポイント

オカメインコの餌の切り替えはどのようにして行えばいいのでしょうか?餌の切り替えのタイミングや...

白い羽に黄色の冠羽が魅力。オカメインコのルチノーの値段と特徴

頬にあるオレンジ色の丸い模様がかわいいオカメインコ。なかでもルチノーはとても人気が高いので、グレーの...

オカメインコの寿命は14年以上?オカメインコの育て方

オカメインコの平均寿命は14年以上だそうです。意外にも長生きなオカメインコですが、大切に育てれば20...

スポンサーリンク

目次

オカメインコがジージーと鳴き声を出す理由

オカメインコが絶えずジージーと鳴いていることがあります。これはお腹が空いているときや甘えたいときに出す鳴き方で、「雛鳴き」とも言われます。まだ小さい雛のうちなら鳴き声もそれほど大きくはありませんが、放っておくとずっと長い時間鳴き続けるため、心配になったりうるさいと感じることもあります。

ジージーといった鳴き声は一人餌へのトレーニング中に特に大きくなることが多いです。

これまでエサを与えてもらっていたのに一人で食べなくてはならず、さし餌の回数も減らさたため不満いっぱいにお腹が空いたと訴えて鳴いてきます。
食べ物をねだっているのですから、オカメインコの方も必死に鳴いているのです。うるさいと感じるのも仕方ないと諦めてください。

一人餌のトレーニング中にこの鳴き声に根負けして挿し餌を与えてしまうと、いつまでたっても一人餌にはなりません。飼い主とオカメインコの根比べです。

オカメインコの大きい声でジージー鳴くのは一人餌になれば解決

オカメインコが一人餌になると、自分で好きなときに自由に食べられるので、大きな声のジージー鳴きもしなくなります。

それまでの辛抱と考えて、大きな声に我慢してください。このジージー鳴きをやめさせようと挿し餌を与えてしまってはオカメインコの思うツボです。いつまでたっても一人餌にはならず、ずっとジージー鳴きから解放されることはありません。

オカメインコの一人餌が難しいと言われているのは、オカメインコが大きな声でジージーと鳴いて空腹を訴えてくるからです。

飼い主を頼りにして甘えているのは嬉しいことですが、立派な大人のオカメインコになってもらうためにも、一人餌のトレーニングはとても重要です。この大きな鳴き声に負けずに根気よく対応してくださいね。

一人餌になるとジージーと鳴くこともなくなるため、ちょっと懐かしく淋しい感じもするでしょう。最初のうちは自分でエサを食べながらジージーと小さくないていることもあります。オカメインコにとって食べ物=ジージーなのでしょうね。

オカメインコの鳴き声ジージーを小さくする方法

オカメインコのジージーという鳴き声は一人餌になるまでの辛抱ですが、この大きな鳴き声がかなりの負担に感じることもあります。夜勤のため日中に睡眠をとりたいとき、来客があるときに困りますし、近所迷惑にならないか心配になることもあるでしょう。

このジージーという大きな声はお腹が空いた時なけでなく、退屈に感じたり飼い主と遊びたいなど甘えた気持ちのときにも出すことがあります。

ジージーという鳴き声を少なくしたいのなら、オカメインコと遊ぶ時間もとるようにしてください。

飼い主の気を引きたくて鳴いていることもありますので、オカメインコと一緒に過ごすことで鳴き声を抑えることができます。

オカメインコのケージを工夫することで鳴き声の大きさを抑えることもできます。

アクリル板を使い、オカメインコのケージをすっぽりと覆ってしまいます。空気穴が必要なので完全に鳴き声を聞こえなくすることはできませんが、1~2割程度なら抑えることができます。
アクリルケースがあると、寒い時期はペットヒーターを取りつけて保温するために使うこともできます。

アクリルケースはかなりの大きさが必要ですが、保温やケージの掃除のときなど、あると何かと便利でもありますよ。

オカメインコの行動や鳴き声はこんな気持ちを表しています

オカメインコの行動や鳴き声の違いを知ることで、オカメインコをより理解することができます。言葉で気持ちを伝えることができない分、行動や鳴き声でオカメインコの気持ちをわかってあげるようにしましょう。

オカメインコのことをよく観察していると、気持ちが読み取れるようになります。

ご機嫌な時はいかにも嬉しそうな様子を見せ、元気よく活発になったりもします。翼を浮かせて興奮気味にしていたり、止まり木を横に行ったり来たりしている、ケージを覗いたら飛びかかってくる行動が見られたら、ケージから出て遊びたい、一緒に遊んで欲しいというアピールです。頭を上下に振ったり元気いっぱいにさえずっているのはご機嫌なときです。

オカメインコが小さくつぶやくようにさえずっていたり、羽の手入れをしている時は落ち着いている証拠です。

オカメインコがリラックスしている時に見られる行動ですので、邪魔をしないでそっとしてあげましょう。

羽を体にぴったりとつけた状態で、翼だけ体から離して浮かせている様子はオカメインコが暑いときです。

もっと暑いときはくちばしを半分開けていたり、開口呼吸をして息が荒くなります。オカメインコの周りを涼しくして快適な状態にしてください。温度だけでなく湿度にも注意が必要です。

逆に羽全体を膨らませているときは寒い証拠です。具合が悪いとき、体に痛みがあるときなど、体調が良くないときにも羽を膨らませてじっとしています。すぐに保温をして様子を見ながら、糞の状態や食欲も確認して病気や体調を崩していないかどうか気をつけて見てください。心配なときは動物病院へ連れて行くようにしましょう。

オカメインコとのコミュニケーションのとり方

オカメインコは好奇心が旺盛でかしこく、遊ぶのが大好きです。

毎日少しでもケージから出して一緒に遊んであげてください。家の中を自由に飛ばせてあげることも必要です。適度な運動はオカメインコの健康にし、ストレス発散にもなります。

オカメインコはおしゃべりや歌うことが大好きです。せっかくこんな特技があるのですから、ぜひおしゃべりや歌を教えてあげてください。オカメインコの中には教えなくても話し声やテレビから聞こえる声、ゲーム音やスマホの着信音などを真似ることもあります。飼い主の名前や挨拶などを教えたり、歌もたくさん聞かせてあげましょう。

人によく慣れているオカメインコなら羽をかいてあげるのも良いでしょう。

これを始めると結構長い時間かくことになり、1日に何度も要求されるようにもなります。羽をかいているときはオカメインコはもちろんうっとりとなりますし、ふっくらとした羽が指にとても気持ちが良いで決して損ではありませんよ。

市販のおもちゃを用意するのも良いでしょう。

オカメインコが夢中になって遊ぶことができる工夫がされていて、飼い主と一緒に楽しむことができるおもちゃもあります。おやつを隠す仕掛けのある知育トイもありますよ。

オカメインコと楽しく過ごす時間を作ってくださいね。