キーワード
  1. インコ
  2. 飼育
  3. 種類

【文鳥の飼い方】ヒナから迎える場合に必要なものとエサの与え方

文鳥はペットとしても人気で、ヒナから育てたいという方も多いと思います。ヒナから育てる場合には、成鳥から迎えるのとは違い、飼育環境やエサの与え方も違います。
そこで、文鳥のヒナの飼い方についてご紹介します。ヒナはまだ自分だけでエサを食べることができません。一人でエサを食べられるようになるまでは、飼い主さんのサポートが必要です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

文鳥のヒナを飼育したい方へ!成長の様子と飼い方の注意点

文鳥の愛らしい姿に、お家で飼育したいという方もいらっしゃるでしょう。またヒナから育てると、文鳥との信...

文鳥の雛が水浴びを始める時期と飼い主が覚えておきたい注意点

文鳥はとても水浴びが好きな鳥です。雛の頃から育てているという方も多いと思いますが、雛はどのくらい大き...

【文鳥の飼い方】留守番をさせて旅行に行く方法と注意点

文鳥を飼っている人の中には、文鳥に留守番をさせて旅行に行くことは可能なのか知りたい人もいるのではない...

【文鳥の飼い方】一人暮らしで飼う時に必要なものと管理・注意点

一人暮らしをしている人の中には、これからペットとして文鳥を飼おうかと考えている人もいるのではないでし...

文鳥が爪切りで暴れる原因と爪切りのやり方のコツを解説

爪切りしようと思ったものの暴れる文鳥。その原因は「保定のやり方」かもしれません。そこで今回は、文...

文鳥ケージのベストな置き場所と注意点、手乗り文鳥に育てるコツ

文鳥は鳥の中でも賢く、コミュニケーション能力が優れています。そんな可愛い文鳥を飼う場合は、ケージの置...

文鳥の飼い方 ケージの大きさや置く場所について紹介します

文鳥を飼うときにはどのようなケージを選べばいいのでしょうか?ケージを選ぶ前に、どこに置けるかや大きさ...

文鳥が換羽でハゲてしまう原因と対策・飼い主が出来ること

大切に飼っている文鳥が換羽によってハゲてしまったことはありませんか。文鳥は換羽にものすごく体力を...

文鳥が水浴び後に震えるのはなぜ?水浴びの注意点

文鳥は水浴びが好き。1日に何度も水浴びを行なう子もいます。水浴びは体の汚れを取るために、文鳥には必要...

文鳥の鳴き声には、どんな意味があるのかについてご紹介

文鳥はさまざまな鳴き声を出しますが、それにどんな意味があるのでしょうか。楽しい時や、怒っている時...

文鳥の餌の時間はいつといつ?餌のあげ方について紹介します

文鳥の餌の時間はどのくらいの間隔で与えたらいいのでしょうか。文鳥がどのくらい育っているかによって餌の...

文鳥の雛の鳴き声で気持ちがわかる方法。鳴き声の種類

文鳥の雛を初めて飼うという方は、文鳥の雛のいろいろな鳴き声の違いに驚くと思います。この鳴き方の時には...

文鳥の可愛らしい鳴き声、変なサインを聞き逃さないで

文鳥はペットとして、根強い人気があります。飼い主に懐くと鳴き声でコミュニケーションをとってくれる...

文鳥は水浴びが好き?気になる水浴びの頻度についてご紹介

文鳥は水浴びが好きだと耳にしますが、お家の文鳥があまり水浴びをしないと気になってしまいませんか?...

文鳥の雛に与える挿し餌の作り方と与え方。上手にあげるコツ

文鳥を小さな雛から飼い始める時には、餌は挿し餌で与えることが必要です。まだ自分だけでは餌を食べること...

スポンサーリンク

文鳥のヒナの飼い方、ヒナはヒナ用のケースが必要

文鳥をヒナから飼育したいと考えている方は、まずはヒナを迎えるために必要な道具を揃えることから始めましょう。

文鳥の飼育ケースに使うもの

鳥といえば鳥かごですが、文鳥のヒナを飼う時にはいきなり鳥かごにヒナを入れるのではなく、寒さに弱いヒナを保温できる「プラスチックケース」を用意するのが最適で、保温の他にも、鳥かごの網による怪我や落下などの防止にも役立ちます。

プラスチックケースの中には、「敷き材」を用意して敷き詰め、文鳥のヒナを怪我から守りつつ、体の汚れをキレイにする役割も担ってもらいます。

「止り木」は、後々ヒナを鳥かごに入れるときの練習用に、細い棒に足で捕まる練習をさせるために、高さが低いものを選んで敷き詰めた敷き材の上に設置します。

寒さに弱い文鳥のヒナを飼育するためには、室温管理は重要

「温湿度計」と「パネルヒーター」を用意して、設定温度よりも低いときにはヒーターでケースごと温められるようにしておくと安心です。

文鳥の餌やりに使うもの

文鳥のヒナの餌やりには、ポンプやスポイトなどが必要になりますので、ヒナ飼育専用の「給餌セット」を購入して、パウダーフード、あわ玉の両方を与えられるように用意しておくと便利です。
挿し餌を作る際は温度を計りながらの作業になりますので、「スティック温度計」も用意しておきましょう。

あると便利なもの

文鳥のヒナの体重の増減を量るのに、「クッキングスケール」が便利です。
体重の増減を知ることは、文鳥のヒナの体調管理にも繋がりますので、目視での体調管理が難しい初心者の方にはぜひおすすめしたいです。

文鳥のいろいろな種類について

文鳥にはいろいろな種類があり、ヒナから自宅に迎えられる種類も多いので、この見出しでは、実際に人気のある文鳥の種類とその特徴をいくつか紹介していきたいと思います。

ペットにする文鳥の中でも一番ポピュラーなのが「ノーマル文鳥」で、頭部や尾っぽが黒く、くちばしが赤い、「これぞ文鳥」という見た目が特徴です。

シナモン文鳥・シルバー文鳥

  • ノーマル文鳥の毛色を薄くした薄茶色が上品でおしゃれな「シナモン文鳥」
  • ライトシルバー、ダークシルバーなどの銀灰色が美しい「シルバー文鳥」

ノーマル文鳥に比べると体質的に弱く購入金額も高めになりますが、その変わった毛色から人気の高い文鳥です。

白文鳥・桜文鳥

  • まるでお餅のような真っ白い体に赤いくちばしが可愛らしい人気の「白文鳥」
  • ノーマル文鳥にぼかしが入ったようなまだら模様が特徴のポピュラーな「桜文鳥」

色や模様にこだわりのある人におすすめの文鳥で、値段もノーマル文鳥と左程変わらないため、初心者の方でも飼いやすい文鳥だということができます。

成鳥になったときの大きさはどれもそれほどかわりませんが、色合いによって姿が全く異なるので、成鳥になったときのことをイメージして、気に入った色、個体を見つけてみると、選ぶときの楽しみも増しますので、実際にペットショップなどで成鳥の様子も見ながら、お子さんと一緒にヒナ選びを楽しんでみてください。

文鳥のヒナの飼い方で大切な挿し餌の作り方と注意点

ヒナの大きさにもよりますが、生後2~3週間のヒナを自宅に迎えた際には、一人餌が始まる1ヶ月前後くらいまで挿し餌が必要になりますので、必ずペットショップの方とお話をして、どのような餌をどのような間隔で食べていたのかを聞いて引き継ぐようにします。

文鳥のヒナに与えるのはあわ玉

小皿に入れたあわ玉小さじ1杯強にお湯を入れてゴミを出し、再度お湯でとろみが付く程度に混ぜて40度くらいに冷ましたら完成なので、餌作りの作業は5分程度で済みます。

餌やりは文鳥の喉の辺りにある「そのう」を触って、前回与えた餌が残っていないかを確認してから、スポイトで出来上がったあわ玉をすくって、喉の奥に差し込むようにして与えていきます。食いつきが良い時には5分程度で餌やりが終わりますが、時間がかかるときには10分程度要することもありますし、途中であわ玉が冷めてしまうと食べなくなるので、再度作り直しが必要になります。

挿し餌は濃度が大切

お湯で溶く量が多すぎても少なすぎても、文鳥にとってよくありませんので、こちらもお湯の量などをペットショップの方に確認し、ペットショップで生活していたときの状態をそのまま引き継ぐことで、文鳥にストレスを与えないようにすることが飼い方のポイントの一つです。

文鳥に挿し餌を与える回数と適切な量の目安

文鳥のヒナへの挿し餌の与え方は、生後週数によって異なり、生後2週間では8~20時の12時間で2時間おきに6回~7回の餌やり、生後3週間では5~6回の餌やりが必要になり、回数だけでなく、ヒナが満腹になったかどうかで回数と量を見極めていく必要があります。

2時間おきの餌作りと餌やりは、新生児に母乳を与えることと似ていますから、仕事でヒナの側を離れることは難しく、常に自宅に誰かがいる状態でないと文鳥のヒナの飼育は難しいということができます。

個体差がありますが、生後1~2ヶ月で一人餌に移行していきますので、仕事などで日中家をあけることが多い家庭では、これくらいの時期に近いヒナをお迎えするのがおすすめで、乾燥していうあわ玉をくちばしでつついて食べられるようになってくると、一人餌への移行が近い合図になります。

飼い方に問題が!?迎えた文鳥のヒナが鳴かない時には

文鳥のヒナを自宅に迎える際には、ヒナがこれまで生活してきたペットショップでのことを思い、過度なストレスを与えないように注意が必要です。

文鳥のヒナにしてみれば、ペットショップでお世話をしてくれていた店員さんはヒナ鳥の親役で、自宅に招き入れたことによって、ヒナは親と離れ離れになったことへのストレスを少なからず感じています。

過度に触ったり、人が多い所で飼育したり、騒がしくしたりすると、文鳥のヒナが怯えてしまい、鳴かなくなることや、動きが悪くなることがあります。

明らかに体調が悪そうな時やご飯を全く食べない時には動物病院への受診が必要ですが、飼いはじめてすぐの時期には、文鳥のヒナが新しい飼い主に慣れるまでの期間をゆっくりとってあげるとよいでしょう。

始めは鳴かなかった文鳥のヒナも、慣れれば次第に鳴くようになりますし、大好きな食事の時間にはピーピーとうるさいほどになりますので、安心して気長に構えていて下さいね。